辻雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 雄(つじ たけし、1967年–)は、日本数学者東京大学大学院数理科学研究科教授。専門は数論幾何学、特に p 進 Hodge 理論。

概要[編集]

麻布高等学校卒。1991年東京大学大学院修士課程修了。1992年同博士課程修了。京都大学数理解析研究所助手を経て2000年から東京大学大学院数理科学研究科助教授。2007年同准教授、2010年同教授。

業績として

  • p 進 Hodge 理論における基礎定理である p 進 étale cohomology と de Rham cohomology, crystalline cohomology の比較定理の証明
  • 半安定予想の証明(半安定予想からは Hodge–Tate 予想、de Rham 予想、crystalline 予想が導かれる)
  • p 進 Hodge 理論の p 進 L 函数、Hasse–Weil L 函数への応用

がある。

1998年の国際数学者会議では招待講演者として講演した。数学者の松本眞は麻布高校の先輩であり、同僚である。

代表的な論文[編集]

  • Syntomic complexes and p-adic vanishing cycles, J. Reine Angew. Math. 472 (1996)
  • p-adic Hodge theory in the semi-stable reduction case, Proceedings of the International Congress of Mathematicians, Vol. II (Berlin, 1998). Doc. Math. 1998, Extra Vol. II
  • p-adic étale cohomology and crystalline cohomology in the semi-stable reduction case, Invent. Math. 137 (1999)
  • Poincaré duality for logarithmic crystalline cohomology, Compositio Math. 118 (1999)
  • Semi-stable conjecture of Fontaine-Jannsen: a survey. Cohomologies p-adiques et applications arithmétiques II, Astérisque No. 279 (2002)
  • Explicit reciprocity law and formal moduli for Lubin–Tate formal groups, J. Reine Angew. Math. 569 (2004)

受賞・講演歴[編集]

参考文献[編集]

  • 辻雄氏の業績, 加藤和也 数学 57巻 (2005), 401-406.