近世日本語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近世日本語
話される国 日本
消滅時期 19世紀中期に現代日本語へ発展。
言語系統
日本語族
  • 近世日本語
表記体系 ひらがなカタカナ漢字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
テンプレートを表示

近世日本語(きんせいにほんご)とは、中世日本語現代日本語の間に位置する、日本語の発展における一段階である[1]。この時期は、中世日本語の多くの特徴が消失する時期であったとともに、現代日本語という形態への移行期でもあった。近世日本語が使用された期間は、17世紀から19世紀中期までの約250年であり、享保または宝暦頃を境に、上方語優勢の前期と江戸語優勢の後期に分けて考えられる[2][3]。また、政治史で見ると一般的には江戸時代に相当する。

背景[編集]

17世紀の初め、日本における政治の中心地は、京都大阪といった上方から、江戸幕府が本拠地と定めた江戸に移行した。よって、江戸時代初期に至るまでは、現代の近畿方言の元となった上方語が最も影響力のある方言であったが、江戸幕府の安定に伴い日本の文化・経済の中心も上方から江戸へ移行するのに従い、町人による社会が発達した江戸で話される、山の手言葉とともに近代東京方言を構成することになる江戸言葉が影響力を持つようになった。 また、江戸幕府の下で経済が成長し町人文化や出版文化が成立及び発達するにしたがって、浮世絵浄瑠璃歌舞伎文楽落語俳諧などといった新たな芸術が芽吹くとともに、浮世草子に始まり洒落本滑稽本人情本草双紙などといった大衆向けの文学が新たに発展していった。これらの江戸で出版された大衆本は、総称して戯作もしくは(江戸)地本と呼ばれる。 この時代に活躍した代表的な文学者としては、井原西鶴(浮世草子、人形浄瑠璃、俳諧)や近松門左衛門(浄瑠璃及び歌舞伎)、松尾芭蕉(俳諧)、式亭三馬(浮世絵)、山東京伝(浮世絵及び戯作者)が挙げられる。

音韻[編集]

母音体系[編集]

母音は以下の5つであった。

  • ア列: /a/: [a]
  • イ列: /i/: [i]
  • ウ列: /u/: [ɯ]
  • エ列: /e/: [e]
  • オ列: /o/: [o]

中世日本語においては、語頭の「え(/e/)」と「お(/o/)」はそれぞれ半母音[j]および[w]を伴って実現していたが、18世紀の中頃には、それぞれ半母音を伴うことなく発音されるようになった[4]

The high vowels /i, u/ become voiceless [i̥, ɯ̥] between voiceless consonants or the end of the word. This is noted in a number of foreign texts:[5]

  • Diego Collado Ars Grammaticae Iaponicae Lingvae (1632) gives word final examples: gozàru > gozàr, fitòtçu > fitòtç, and àxi no fàra > àx no fàra.
  • E. Kaempfer's Geschichte und Beschreibung von Japan (1777–1779) and C. P. Thunberg's Resa uti Europa, Africa, Asia (1788–1793) list word-medial examples: kurosaki > krosaki, atsuka > atska.

長母音[編集]

Middle Japanese had two types of long o: [ɔː] and [oː]. During this period, both of these merged into [oː] by first half of the 17th century.[6] During the transition, instances of ɔː temporarily had a tendency to become short in the Kamigata dialect.[7][8]

  • nomɔː> nomo "drink"
  • hayɔː> hayo "quickly"

In addition, each of the other vowels could be lengthened because of various contractions in Edo dialect.[9][10] Most continue to be used in Modern Japanese of both Tokyo and the rest of the Kanto region but are not part of Standard Japanese.

  • / ai /> [eː]:sekai>sekeː "world"、saigo>seːgo "last"
  • / ae /> [eː]:kaeru> ke "ru" frog "、namae>nameː" name "
  • / oi /> [eː]:omoɕiroi>omoɕireː
  • / ie /> [eː]:oɕieru>oɕeːru "teach"
  • / ui /> [iː]:warui>wariː
  • / i wa /> [jaː]:kiki wa>kikjaː "listening"
  • / o wa /> [aː]:nanzo wa>nanzaː(文法)

The long /uː/ was developed during Middle Japanese and remains unchanged.

子音[編集]

Middle Japanese had the following consonant inventory:

Bilabial Alveolar Postalveolar パラタル べラー 口蓋垂 声門
Stop p    b t    d k    ɡ
Affricate t͡s    d͡z t͡ʃ    d͡ʒ
Nasal m n ɴ
Fricative ɸ s    z ɕ ç h
Liquid r
Approximant j ɰ

/t, s, z, h/ each have a number of allophones found before the high vowels [i, ɯ]:

  • t→ t͡ʃ / __i
  • t→ t͡s /__ɯ
  • z→ d͡ʒ / __i
  • z→ d͡z /__ɯ
  • h→ ç / __i
  • h→ ɸ /__ɯ

Several major developments occurred:

  • /zi, di/ and /zu, du/, respectively, no longer contrast
  • /h/ partially develops from [ɸ] into [h, ç]
  • /se/ loses its palatalization and becomes [se]

Middle Japanese had a syllable final -t. This is gradually replaced with the open syllable /tu/.

偏平化[編集]

The labial /kwa, gwa/ merge with their non-labial counterparts into [ka, ga].[11]

The consonants /s, z/, /t/, /n/, /h, b/, /p/, /m/, and /r/ could be palatalized.

Depalatalization may also be seen in the Edo dialect:

  • hyakunin issyu > hyakunisi
  • /teisyu/ > /teisi/ "lord"
  • /zyumyoː/ > /zimyoː/ "life"

鼻腔前[編集]

Middle Japanese had a series of prenasalized voiced plosives and fricatives: [ŋɡ, nz, nd, mb]. During this stage they lose their prenasalization resulting in ɡ, z, d, b.

文法

動詞

近世日本語には、5つの動詞があります。

動詞クラス イルリアリス
未然形
副詞
連用形
決定的
終止形
限定的
連体形
仮説的
仮定形
命令的
命令形
四段階(四段) -a -私 -u -u -e -e
上部モノグレード(上一段) -私 -私 -iru -iru -ire -i(yo、ro)
モノグレード(下一段) -e -e -eru -eru -ere -e(yo、ro)
K-不規則(カ変) -o -私 -uru -uru -ure -oi
S-irregular(サ変) -e、-a、-i -私 -uru -uru -ure -ei、-iro

As already had already begun during Middle Japanese, the verbal morphology system continues to evolve. The total number of verb classes is reduced from nine to five. Specifically, the r-irregular and n-irregular regularize as quadrigrade, and the upper and lower bigrade classes merge with their respective monograde. This leaves the quadrigrade, upper monograde, lower monograde, k-irregular, s-irregular.[12]

There were two types of adjectives: regular adjectives and adjectival nouns.

Historically the adjective was sub-classified into two types: those where the adverbial form ends in -ku and those that end in –siku. That distinction is lost during this stage.

イルリアリス
未然形
副詞
連用形
決定的
終止形
限定的
連体形
仮説的
仮定形
命令的
命令形
-カラ -区 -私 -私 -ケレ -カレ

Historically the adjectival noun was sub-classified into two categories: -nar and -tar. During this stage, -tar vanishes leaving only -na.

イルリアリス
未然形
副詞
連用形
決定的
終止形
限定的
連体形
仮説的
仮定形
命令的
命令形
-ダラ -ni
-で
-na
-na
-なら

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Shibatani(1990: 119)
  2. ^ 大辞林 第三版「近世語」
  3. ^ デジタル大辞泉「近世語」
  4. ^ 中田 (1972: 238-239)
  5. ^ Nakata (1972: 239-241)
  6. ^ Nakata (1972: 256)
  7. ^ Nakata (1972: 262-263)
  8. ^ Yamaguchi (1997:116-117)
  9. ^ Nakata (1972: 260-262)
  10. ^ Yamaguchi (1997: 150-151)
  11. ^ Yamamoto (1997: 147-148)
  12. ^ Yamaguchi (1997:129)

参考文献[編集]

  • Shibatani, Masayoshi (1990). The Languages of Japan. Cambridge University Press. ISBN 0-521-36918-5. 
  • 中田祝夫『講座国語史 第二巻: 音韻史、文字史』大修館書店、1972年(日本語)。