近江短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近江短期大学
大学設置 1953年
創立 1938年
廃止 1956年
学校種別 私立
設置者 学校法人近江育英会
本部所在地 滋賀県彦根市金亀町22[1]
学部 繊維工業科
商科
テンプレートを表示

近江短期大学(おうみたんきだいがく)は、滋賀県彦根市金亀町22[1]に本部を置いていた日本私立大学である。1953年に設置され、1956年に廃止された。学生募集は1954年度まで[2]1956年廃校[3]。かつてのキャンパス跡地は、併設校である近江高等学校の校舎に転用された[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 近江短期大学は学校法人近江育英会により1954年に設置された日本私立短期大学。2つの学科と別科1科からなっていた。開学からわずか3年後に廃止された。

教育および研究[編集]

  • 近江短期大学には繊維工業と商学に関する専門教育に力をいれていた様子がうかがえる。

学風および特色[編集]

  • 近江短期大学は、当時近江絹糸株式会社により創設されたことからその企業で働く人材を育成することをねらいに設置されたものとみられる。

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 滋賀県彦根市金亀町22[1]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 繊維工業科
  • 商科[5]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • 繊維工業専修

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 別所孝太郎:学長[6]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 卒業生のなかには、後にセシールをはじめ企業での代表取締役として活躍する人がでている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 現在、近江高等学校滋賀県彦根市松原町大国前3511−1にある。
  2. ^ 短期大学一覧1954年度版(23頁)によると、まだこの時点では学生募集停止となっていない。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』280頁
  4. ^ 1956年3月31日の廃止と考えると、精々この年度限りの募集だったものとみられる。ちなみに『全国学校総覧』昭和30年版によると廃止される前年の学生総数は商科で男子37人、繊維工業科で男子34人となっており、1学年定員にほぼ近い定員となっている。
  5. ^ 入学定員はそれぞれ40名となっていた。
  6. ^ 1943年4月5日 - 10月10日北京興亜学院院長事務取扱を歴任。