近江鉄道DD45形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
近江鉄道DD45形ディーゼル機関車
DD451
DD451
基本情報
運用者 近江鉄道
製造所 富士重工業
製造年 1963年
製造数 1両
消滅 2004年
主要諸元
軸配置 B-B
軌間 1,067
全長 13,250 mm
全幅 2,735 mm
全高 3,800 mm
機関車重量 45.0 t
機関 DMH-17SB(300PS/1600rpm)
機関出力 300 PS × 2基
テンプレートを表示

近江鉄道DD45形ディーゼル機関車(おうみてつどうDD45がたディーゼルきかんしゃ)は、近江鉄道にかつて在籍したディーゼル機関車である。

1973年1月に福島臨海鉄道から転入[1]した。

神奈川臨海鉄道の45トン機DD45とも同形である[2]

1963年3月富士車両製で運転台を中央に置いた凸型の車体で動輪2輪ずつ連結棒で結んだロッド軸駆動方式を採用している[要出典]

多賀 - キリンビール滋賀工場間の貨物輸送に使用していたが輸送終了により休車となったものの、2004年の彦根駅東口開設工事まで残存した[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 福島臨海鉄道2
  2. ^ 神奈川臨海鉄道の車輌

参考文献[編集]