近藤四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 四郎(こんどう しろう、1918年12月13日 - 2003年2月6日)は、人類学者。

長崎市生まれ。第五高等学校卒、1943年東京帝国大学理学部人類学科卒、同副手、45年助手、1957年「ヒトの姿勢及び歩行運動の人類学的研究 主として筋活動電流より見たる」で東京大学理学博士。1960年東京大学理学部助教授、1967年京都大学霊長類研究所教授・初代所長、1982年名誉教授大妻女子大学教授・人間生活科学研究所長。1993年退任[1]。ヒトの直立二足歩行への進化過程を研究した[2]

著書[編集]

  • 『足の話』岩波新書 1979
  • 『足のはたらきと子どもの成長』築地書館 みんなの保育大学 1982
  • 『ひ弱になる日本人の足』草思社 1993

共著編[編集]

  • 『人間の生と性』大島清共著 岩波新書 1982
  • 『人類学講座 3 進化』編集責任 雄山閣出版 1983
  • 『着装の科学』柳沢澄子共編著 光生館 1996
  • 『子どもの心身の発達を促す手仕事のすすめ 折る・編む・縫う』柳澤澄子、祖父江茂登子共編著 家政教育社 1997

論文[編集]

脚注[編集]