近藤廉平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近藤廉平
近藤廉平

近藤 廉平(こんどう れんぺい、1848年12月20日嘉永元年11月25日) - 1921年大正10年)2月9日)は、日本男爵徳島藩士、日清汽船社長[1]日本郵船会社社長、貴族院男爵議員

生涯[編集]

阿波国麻植郡(のちの鴨島町西麻植江川、現・徳島県吉野川市)出身。

1862年文久2年)に徳島藩中老である仁尾内膳の書生となる。同年、新居水竹の小心塾にて益田永武と共に学ぶ。その後、柴秋邨の思斉塾に転学。

慶應義塾大学南校に学び、1872年(明治5年)、星合常恕に勧められ岩崎弥太郎が経営する三菱商会に入る。弥太郎の従妹・豊川従子と結婚する。その後、日清汽船社長[1]、日本郵船会社社長。

1918年(大正7年)、日本の船主代表としてベルサイユ講和会議に出席。貴族院男爵議員に互選され、公正会に属す。 1920年(大正9年)、従三位勲一等。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

近藤玄泉・脇子夫妻の次男として生まれる。父・玄泉は医者で、兄弟は兄の貫一[4]がいる。

妻・従子は岩崎弥太郎の母・美和及び岡本寧浦の妻・ときの姪で、実業家豊川良平は従子の兄[5]にあたる。従子の父・小野篤治は岡本とき・岩崎美和姉妹の兄弟にあたる[6]

廉平・従子夫妻の三男滋弥が家督を相続し貴族院男爵議員を務め、松平頼和子爵長女・信子と結婚した[7]

廉平・従子夫妻の次男・廉治は樺山愛輔の長女・泰子と結婚したため、白洲次郎正子夫妻とも縁続きとなった[8]。故に近藤家は豊川家を通じて三菱財閥の創業者一族・岩崎家と姻戚関係を持つ一方、樺山家を通じて白洲家とも姻戚関係にあるといえる。廉治は不良華族事件の中心人物、伯爵吉井勇の妻・徳子と関係を持つなどしたため、除族の処分を受けている。

廉平・従子夫妻の長女・栄は大久保利通の三男大久保利武侯爵の妻、三女・貴子は旧米沢藩上杉家14代目当主[9]上杉憲章伯爵の後妻となった。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 楊子江の航運業日清汽船会社の地位 大阪毎日新聞 1916.1.4 楊子江は原文ママ
  2. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  3. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  4. ^ 貫一は玄泉の長男である。
  5. ^ 従って豊川は岡本とき・岩崎美和姉妹の甥にあたる。
  6. ^ 『岩崎彌太郎傳(下)』(岩崎家傳記刊行会 編纂、東京大学出版会1967年11月20日発行)のp.623によると篤治は美和の兄となっているが、同じく岩崎家傳記刊行会が編纂した『岩崎彌太郎傳(上)』(東京大学出版会、1967年11月20日発行)のp.103によると篤治は慶応元年(1865年)に48歳で病死しており、そこから生年を逆算すると没時の年齢が数え年・満年齢のいずれであっても篤治は美和の弟になる。また篤治とときの関係についてもときは篤治の姉としている文献と逆に妹としている文献の両方がある。『岩崎彌太郎傳(上)』p.103に記述されている篤治の没年及び没年齢が正しければときは篤治の姉ということになる。
  7. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、616頁。
  8. ^ 白洲正子は樺山愛輔の次女、すなわち近藤廉治の義妹にあたる。
  9. ^ 上杉謙信から数えたら15代目当主。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
近藤(廉平)家初代
1911年 - 1921年
次代:
近藤滋弥