近藤恒一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 恒一(こんどう つねいち、1930年 - )は、イタリア文学者、東京学芸大学名誉教授。ルネサンス思想史・文芸史を専攻。師は清水純一

高知県生まれ。1958年広島大学大学院文学研究科(西洋哲学専攻)博士課程単位修得退学。1961-67年ボローニャ大学で留学研究、ボローニャ大学講師、1968年大分大学講師、助教授、1974年東京学芸大学助教授、1979-80年フィレンツェで滞在研究。教授、1984年『ペトラルカ研究』でマルコ・ポーロ賞受賞、1987年同書で文学博士号(京都大学)。1994年に東京学芸大定年、名誉教授となった。

著書[編集]

  • 『ペトラルカ研究』創文社 1984
  • 『ルネサンス論の試み』創文社 1985
  • 『ペトラルカと対話体文学』創文社 1997
  • 『ペトラルカ 生涯と文学』岩波書店 2002

翻訳[編集]

参考記事[編集]