近藤正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 近藤正和 六段
名前 近藤正和
生年月日 (1971-05-31) 1971年5月31日(49歳)
プロ入り年月日 1996年10月1日(25歳)
棋士番号 220
出身地 新潟県柏崎市
師匠 原田泰夫
段位 六段
戦績
2020年7月2日現在
テンプレートを表示

近藤 正和(こんどう まさかず、1971年5月31日 - )は、将棋棋士。棋士番号220。原田泰夫九段門下。新潟県柏崎市出身。新潟県立柏崎高等学校卒業。

棋歴[編集]

1996年10月1日、25歳でプロ入り。プロデビューから負けなしの10連勝を飾り好スタートを切ったが、これは藤井聡太2017年)に次ぎ、松本佳介1996年)と並ぶ歴代2位のデビューからの連勝記録となっている。

いつもにこやかで「ゴキゲン流」の異名をとり、得意戦法の「ゴキゲン中飛車」は有力な戦法として注目され、2001年度には升田幸三賞を受賞した。

2004年度は一時9割を超える勝率を記録し、最終的に37勝8敗、勝率.8222の成績で年度最高勝率を記録したため、勝率第一位賞と連勝賞を受賞。同年順位戦C級1組にも昇級した。

棋風[編集]

  • 振り飛車党で、特に中飛車を好んで指す。居飛車は全く指さないわけでなく稀に見せる。また飛車先の歩を突く居飛車の進行から別の筋に振りなおす変化(左玉の振り飛車)もある。
  • 中飛車その最たる将棋が2007年3月13日の順位戦C級1組最終局の豊川孝弘との一局で、先手の豊川の初手2六歩に対し、昇級が絡んでいた後手の近藤は5二飛と指し、二手目にして堂々と中飛車を宣言したが途中から作戦負けし敗れた。

人物[編集]

  • 愛称は苗字の近藤に由来する「コンちゃん」。将棋ファンからは、棋風と同じ「ゴキゲン」とも呼ばれる事もある[1]
  • 実家が菓子製造・販売の会社経営であること、高校が進学校だったこと、例会のたびに柏崎から長岡経由で新幹線を利用しホテル宿泊していたこと、浮世離れした独特の発言内容などから「御曹司」と奨励会時代には呼ばれた。大学に進まず棋士になったので同級生の女子たちから驚かれたという[2]
  • 趣味はジャズ鑑賞。旅行も好きで、2014年にJR西日本の全線乗覇(乗りつぶし)を達成している[3]。2017年までにJR旅客全社の路線を制覇。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第29回(2001年度) 升田幸三賞
  • 第32回(2004年度) 勝率第一位賞・連勝賞

著書[編集]

  • ゴキゲン中飛車戦法(2000年11月、日本将棋連盟、ISBN 4-8197-0363-3)
  • ごきげん中飛車を指しこなす本(2002年7月、河出書房新社、ISBN 4-309-73133-3)
  • 新ゴキゲン中飛車戦法(2003年8月、日本将棋連盟、ISBN 4-8197-0370-6)
  • ゴキゲン中飛車で行こう(2013年8月、マイナビ、ISBN 4-8399-4788-0)

脚注[編集]

  1. ^ 将棋世界付録「現役プロ棋士データブック2016 【上】」
  2. ^ 『神の領域に挑む者』より「近藤正和」(鈴木輝彦著、日本将棋連盟)ISBN:978-4-839950187
  3. ^ 「将棋観戦が身近になる プロ棋士名鑑 2015」(宝島社)など

関連項目[編集]