近藤秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近藤 秀一
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム コンドウ シュウイチ
種目 長距離走マラソン
所属 GMOアスリーツ
大学 東京大学工学部化学生命工学科
生年月日 (1995-07-27) 1995年7月27日(23歳)
生誕地 静岡県の旗静岡県函南町
身長 173cm
体重 53kg
自己ベスト
5000m 13分57秒69(2019年)
10000m 29分13秒71
ハーフマラソン 1時間03分44秒
マラソン 2時間14分13秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

近藤 秀一(こんどう しゅういち、1995年7月27日 - )は、日本陸上競技選手で、専門は長距離走マラソン静岡県函南町出身。静岡県立韮山高等学校東京大学工学部各卒業[1]、現在はGMOアスリーツに所属。

経歴[編集]

  • 函南小学校3年生の時に陸上競技を始め、その頃から箱根駅伝に出場することを目標にしていた[2]
  • 函南中学校、韮山高校時代には全国大会に出場することはなかったが、高校2年の時の記録会で5000メートル14分27秒10で走り、さらに3年時には県高校駅伝の1区で下田裕太に競り勝ち区間賞を獲得するといった活躍が駅伝強豪大学の目に留まった[3]。しかし「大学で勉強もしっかりしたかった」ため、ぼんやりと浮かんだ箱根駅伝の目標に、関東の大学に対象を絞ると、東京大学への受験を決めた。初年度は合格点まで1点足りず不合格。その後、塾に通わない独自の浪人生活を送り、翌年東京大学に入学した[4]
  • 大学として箱根駅伝に出場することは出来なかったが、個人として1年時から関東学生連合のメンバーに選ばれ、第95回箱根駅伝には1区に出走し区間22位で走った[5]。東京大学出身のランナーとしては第81回大会の松本翔以来14年ぶりとなる箱根駅伝出場となった[6]
  • 大学卒業後は、大学院に進んで運動生理学などを研究しながら、GMOアスリーツに所属して競技を続ける[7]

人物[編集]

  • 血液型はAB型[8]
  • 出身地の函南町は神奈川県箱根町に隣接しているため、小学生の頃から箱根駅伝を沿道で応援していた[5]
  • 前述のように大学1年時から関東学生連合のメンバーに名を連ねていたが、インフルエンザの影響などにより本番で走ることはなかった。そのため、大学4年時の箱根駅伝本番前にはインフルエンザの予防接種を2回打って、万全の態勢で本番を迎えていた[9]

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2016年 第19回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 不明 1時間04分33秒
2016年 第67回全国七大学対校陸上競技大会 1500m 1位 3分52秒16 大会記録
2017年 第7回東京マラソン フルマラソン 27位 2時間14分13秒 初マラソン
2017年 第68回全国七大学対校陸上競技大会 1500m 2位 3分55秒14
2019年 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 1区(21.3km) 区間22位 1時間7分8秒

自己記録[編集]

  • 1500m - 3分52秒16(2016年7月24日、第67回全国七大学対校陸上選手権大会)
  • 5000m - 13分57秒69(2019年7月6日、ホクレンディスタンスチャレンジ2019千歳大会)
  • 10000m - 29分13秒71
  • ハーフマラソン - 1時間03分44秒
  • マラソン - 2時間14分13秒(2017年2月26日、第7回東京マラソン

脚注[編集]