近藤等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 等(こんどう ひとし、1921年9月2日 - 2015年11月29日)は、日本フランス文学者登山家早稲田大学名誉教授。

略歴[編集]

京都生まれ[1]。暁星中学校在学中よりフランス語と登山に親しむ[2]。早大仏文科卒[3]。在学中は山岳部に所属し、朝鮮冠帽峰に遠征。卒業後、同部監督、部長もつとめた。[4]

早稲田高等学院講師、早大商学部助教授をへて、1955年から教授。フランス文学者としてフランスの山岳文献を多数紹介した。1992年に定年退任、名誉教授。

1962年、パリ大学研究員としてフランスに滞在。この機会にフランス国立登山スキー学校の研修会に参加。以後18回の登山シーズンをアルプスで過ごし、150回ほどの山行で120余峰に登る。ピッツバリュー北壁などを日本人として初登頂した[5][6]

1971年にフランス・シャモニー名誉市民[7]1972年にフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章受章[8]。1997年、勲三等瑞宝章[9]1998年日本山岳会名誉会員。

2015年11月29日、老衰のため死去[10][11]

著書[編集]

  • ジョルジュ・サンド 情焔の作家』用力社 1948
  • 『ヒマラヤ』朋文堂(山岳文庫) 1953
  • 『エヴェレストの頂上へ』筑摩書房(小学生全集) 1955
  • シャモニの休日』白水社 1963
  • 『アルプス 山と人と文学』白水社 1965
  • 『アルプスからヒマラヤへ 高峰に魅せられた人たち』社会思想社(現代教養文庫) 1969
  • 『アルプスの空の下で』白水社 1972 中公文庫 1980
  • 『星空の北壁』白水社 1975
  • 『アルプス 岩と氷の王国 近藤等写真集』小学館 1975
  • 『アルプスに光みなぎる時』東京新聞出版局 1979
  • 『アルプスを描いた画家たち』東京新聞出版局 1980
  • 『アルプスの名峰』山と溪谷社 1984
  • 『アルプスの蒼い空に』茗溪堂 2001
  • 『わが回想のアルプス』東京新聞出版部 2010

共編著[編集]

  • 『山岳講座』全6巻 川崎隆章共編 白水社 1954
  • 『積雪期登山』山崎安治共編 朋文堂 1955
  • 『スキー講座』全3巻 猪谷六合雄・野崎彊共編 白水社 1955
  • 『われらの山々』全3巻 安川茂雄共編 三笠書房 1962-63
  • 『世界の山々 第1 アルプス、アンデス、アラスカ、アフリカ』 白水社 1964
  • 『パリとフランス』安藤玲子・稲生永共著 実業之日本社(ブルーガイド海外版) 1969

翻訳[編集]

  • 『ヒマラヤへの挑戦』クレール・エリア・アンジェル 朋文堂 1943
  • 『スポーツの歴史』ベルナール・ジレ 白水社 (文庫クセジュ) 1952
  • 『山のスポーツ』フランソワ・ガジエ 白水社 (文庫クセジュ) 1952
  • 『処女峰アンナプルナ 人類最初の8000米峰登頂』 モーリス・エルゾーグ 白水社 1953
  • 『暗号』 レミ・セイリエ 田中敬次郎共訳 白水社 (文庫クセジュ) 1953
  • テンジンによるエヴェレスト征服』 イヴ・マラルチック 新潮社 1954
  • 『実験漂流記』 アラン・ボンバール 白水社 1954
  • 『極地探検物語』 A.トマジ 白水社 (文庫クセジュ) 1954
  • 『アルピニストの心』 ジャン・コスト 朋文堂 (エーデルワイス叢書) 1955
  • 『星と嵐 六つの北壁登行』 ガストン・レビュファ 白水社 1955、新版1987ほか
    • 新潮文庫、集英社文庫、山と溪谷社、のち同(ヤマケイ文庫)で再刊。レビュファにとっては初の自著の外国語訳でもあり、これを縁に2人は終生の親友となった。
  • チベットの七年H.ハーラー 新潮社 1955
  • 『大飢餓』P.E.ヴィクトール 新潮社(一時間文庫)1955
  • 『エミール・アレのフランススキー術』菅原三郎共訳 新潮社 1955
  • 『青い大陸』フォルコ・クィリチ 三笠書房 1955
  • 『ザイルのトップ』ロジェ・フリゾン・ロッシュ 白水社 1956
  • 『モン・ブランからヒマラヤへ』ガストン・レビュファ 白水社 1956
  • 『青春の氷河』フリゾン・ロツシュ 三笠書房 1956
  • K2登頂』アルディート・デジオ 朋文堂 (エーデルワイス叢書) 1956
  • 『山への初恋』プロヴィエ・シャペル 新潮社 1956
  • マカルー 全員登頂』ジャン・フランコ 白水社 1956
  • 『銀嶺に舞う アルペンスキーの技術』ポール・ジニュー 新潮社 1956
  • 『フランス・スキー術』ジャム・クテ 白水社 1956
  • 『喪の銀嶺』アンリ・トロワイヤ 白水社 1956
  • 『アンナプルナ登頂』モーリス・エルゾーグ 岩波少年文庫 1957
  • 『若き日の山行』ルイ・ラシュナル,ジェラール・エルゾーグ 白水社 1957
  • 『ケニヤからキリマンジャロへ』R.トリュフォ 新潮社(人と自然叢書) 1957
  • 『初登攀』朋文堂(ベルクハイル選書) 1957
  • 『万年雪の王国』ガストン・レビュファ 平凡社(世界写真作家シリーズ) 1957
  • インカ帝国を探る』ジャン・ラスパイユ 新潮社(人と自然叢書) 1957
  • 『極北の放浪者 エスキモー』G.ド・ポンサン 新潮社(人と自然叢書) 1957
  • 『服装の歴史』ヘニー・ハラルド・ハンセン 原口理恵共訳 座右宝刊行会 1957
  • 『ブリジットの青春』ベルナージュ 新潮社 1958
  • 『山に還る』フリゾン・ロツシュ 白水社 1958
  • 『白嶺』コルディイェラ・ブランカ ジョルジュ・コガン,ニコール・レイナンジェ 講談社 1958
  • 『ブリジッドの歓び』ベルナージュ 新潮社 1958
  • 『南極物語』ド・ラ・クロワ 新潮社 (人と自然叢書) 1958
  • 『白い季節』ジルベール・プルートォ 森乾共訳 朋文堂 (山岳文学選集) 1958
  • 『新しいスキー術』G.ジュベール,J.ヴュアルネ 三笠書房 1958
  • アコンカグア南壁』リュシアン・ベラルディニ『マカルー登頂』リオネル・テレイ 世界山岳全集 第9 朋文堂 1959
  • 『光みなぎるところ』ジョルジュ・ソニエ 河合亨共訳 白水社 1959
  • 『赤いチベット』ロバート・フォード 新潮社 1959 のち芙蓉書房 
  • 『未知の女神』ジョゼフ・デセルヴタ 白水社 1959
  • 『赤い針峰』ヴィッキー・バウム 朋文堂 1959
  • グランド・ジョラスの北壁 エドゥアール・フレンド/ドリュの西壁(積雪期)登攀 一九五七年三月の記録』ジアン・クジー 世界山岳全集 第10 朋文堂 1960
  • 『サルカンタイの初登頂』クロード・コガン 世界山岳全集 第11 朋文堂 1960
  • 『スキーヴェーデルン』ジョルジュ・ジュベール,ジャン・ヴュアルネ 白水社 1960
  • 『アルプス紀行』ド・ソーシュール 世界山岳全集 第1 朋文堂 1961
  • 『雪と岩』ガストン・レビュファ 新潮社 1961
  • 『大クレバス』フリゾン・ロッシュ 三笠書房 1961 2版
  • 『若き日の山行』ルイ・ラシュナル,ジェラール・エルゾーグ 白水社 1962
  • 『史上最大の作戦』コーネリアス・ライアン 筑摩書房 1962
  • 『天と地の間に』ガストン・レビュファ 新潮社 1963
  • 『アルプス登頂記』エドワード・ウィンパー/『モンブランの悲劇』シャルル・ゴス 偕成社(少年少女世界の名著) 1964
  • 『石器時代への旅 秘境ニューギニアを探る』ハインリヒ・ハーラー 植田重雄共訳 新潮社 1964
  • 『若きアルピニストの魂』ジャン・コスト 大森久雄共訳 二見書房 1965 (The mountains)
  • 『アルプスに逝ける人々』シャルル・ゴス 筑摩書房(ノンフィクション・ライブラリー) 1965
  • 『わが山々へ』ワルテル・ボナッティ 白水社 1966
  • 『最も新しいフランススキーテクニック 初歩から蛇のテクニックまで』ジョルジュ・ジュベール,ジャン・ビュアルネ 見谷昌禧共訳 実業之日本社 1966
  • 『登山のたのしみ』ガストン・レビュファ 白水社 1967
  • 『ジャヌーへのたたかい』ジャン・フランコ,リオネル・テレイ 筑摩書房 1967
  • 『美しきマッターホルン』ガストン・レビュファ 新潮社 1967
  • 『メイジュの北壁』ジョルジュ・ソニエ 世界山岳小説選集 第1 三笠書房 1968
  • 『わが青春の山々 ガストン・レビュファと共に』ベルナール・ピエール あかね書房 1969
  • 『美しきモン・ブラン山群 その雪と岩に刻まれた歴史』ガストン・レビュファ 新潮社 1969
  • 『新フランス・スキー教程 フランス職業スキー教師組合』見谷昌禧共訳 実業之日本社 1971
  • 『氷・雪・岩』ガストン・レビュファ 新潮社 1972
  • 『素手の山 岩壁に生死を賭けたアルピニスト』ルネ・デメゾン 集英社 1972
  • 『遥かなる青い海』フォルコ・クイリチ 吉田まさこ共訳 新潮社(人と自然シリーズ) 1972
  • 『太陽を迎えに』ガストン・レビュファ 新潮選書 1973
  • 『グランド・ジョラスの342時間』ルネ・デメゾン 集英社 1974
  • 『モン・ブラン山群 特選100コース』ガストン・レビュファ 山と溪谷社 1974
  • 『ゼクラン山群 特選100コース』ガストン・レビュファ 山と溪谷社 1975
  • 『世界の屋根に挑む』ジョッフリー・ヒンドレイ 図説探検の世界史 4 集英社 1975
  • 『星にのばされたザイル』ガストン・レビュファ 山と溪谷社 1976
  • 『危険なザイル・パートナー』エチエヌ・ブリュル 講談社文庫 1977
  • 『希望のアルピニズム 不可能の征服をめざして』ヤニック・セニュール 森林書房 1978
  • 『アルピニズモ・アクロバチコ アルプスの高嶺にて』ギド・レイ 講談社文庫 1979
  • 『一登山家の思い出』エミール・ジャヴェル 講談社文庫 1980
  • 『ヴァリス・アルプス 特選100コース』ミシェル・ヴォシェ 山と溪谷社 1980
  • 『大岩壁のプロフェショナル』ルネ・デメゾン 集英社 1982
  • 『ベルナー・オーバーラント 特選100コース』ハンス・グロッセン 山と溪谷社 1983
  • 『マウンテン・ワールド 第1巻 1946』スイス山岳研究財団 小学館 1989
  • 『山こそ我が世界』ガストン・レビュファ 山と溪谷社 1995
  • 『孤独の山 ローツェ南壁単独登攀への軌跡』トモ・チェセン 山と溪谷社 1998
  • 『わが生涯の山々』W.ボナッティ 飯田年穂共訳 山と溪谷社 2003

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ https://www.e-hon.ne.jp/bec/SP/SA/Detail?Action_id=121&Sza_id=C0&refShinCode=0100000000000032386187
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. ^ https://www.e-hon.ne.jp/bec/SP/SA/Detail?Action_id=121&Sza_id=C0&refShinCode=0100000000000032386187
  7. ^ 若菜晃子 2016, p. 10
  8. ^ 若菜晃子 2016, p. 10
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  10. ^ 登山家の近藤等さんが死去 早大名誉教授 朝日新聞 2015年11月30日
  11. ^ 若菜晃子 2016, p. 10

参考記事[編集]

  • 著書の紹介文、文藝年鑑

参考文献[編集]

  • 若菜晃子「特集 Hitoshi & Rebuffat」『murren』第19号、murren編集部、2016年。