近藤経一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 経一(こんどう けいいち、1897年4月12日 - 1986年10月18日)は、日本の作家。

経歴[編集]

東京出身。1922年東京帝国大学文学部国文科卒。武者小路実篤の影響を受け、1917年戯曲集『蒔かれたる種』を刊行、1918年小説「第二の誕生」を『白樺』に発表し、以後しばらく小説家、劇作家として活動する。映画の製作や『キネマ旬報』の創設、文藝春秋の『映画時代』の編集などに携わる。

著書[編集]

  • 播かれたる種 洛陽堂 1917
  • 第二の誕生 天佑社 1919
  • 近藤経一脚本集 第1編 新潮社 1920
  • 近藤経一脚本集 第2編 新潮社 1921
  • 無名の道 新潮社 1921.6
  • 桜藤の巻 新潮社 1922 (新進作家叢書)
  • 七年の後 新潮社 1922 (現代脚本叢書)
  • 周の幽王 新潮社 1923
  • 愛慾変相図 新潮社 1928
編著
  • 映画スター全集 第1至10 平凡社 1929-1930

翻訳[編集]

  • 猫眼石 オースチン・フリーマン 世界探偵小説全集 第17巻 平凡社 1929
  • ダウン・ザ・フェアウェイ ロバート・ティ・ジョーンス、オー・ビー・キーラー 目黒書店 1933