近藤良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

近藤 良平(こんどう りょうへい、1968年8月20日 - )は、日本のダンサー振付家。ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰。東京都出身。

略歴[編集]

東京で生まれ、商社マンの父の転勤で生後6ヶ月で母姉とともにペルーに渡る。以後、日本、ペルー、チリアルゼンチンで育つ。中学生の頃に帰国[1]横浜国立大学教育学部卒業。大学在学中の20歳の時に1年休学し、ヨーロッパを放浪。モダンダンスを始める。[1]

1994年に山崎広太作品にメインダンサーとして抜擢され、バニョレ国際振付コンクール本選に出場以来、笠井叡、木佐貫邦子などの作品にも出演。

1996年にダンスカンパニー「コンドルズ」を旗揚げし、全作品の構成・映像・振付を手がける。世界20ヶ国以上で公演を行い、ニューヨークタイムズ紙が絶賛、渋谷公会堂公演を即日完売させた。 2005年には、そのユニークで斬新な舞台が評価され「 朝日舞台芸術賞・寺山修司賞」を受賞。

櫻井翔主演三池崇史監督作品「ヤッターマン」の振付を担当。他にも氣志團YUKIフジファブリック宮崎あおい主演『星の王子様』などの振付も担当。

2007年、野田秀樹演出、NODA・MAPの四人芝居「THE BEE」で役者デビュー。前田哲監督作品映画「ブタがいた教室」にも役者として出演。

NHK教育テレビからだであそぼ」をはじめ、ミュージカル、CM、コンサートなど、ジャンルを問わず振り付け師活動を行う一方、横浜国立大学立教大学桜美林大学女子美術大学で非常勤講師としてダンス指導や、全国各地でワークショップを行っている。

2017年、第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2018年、第67回横浜文化賞を受賞。

2022年4月1日付で、彩の国さいたま芸術劇場芸術監督(第2代)に就任予定[2]

活動[編集]

振付[編集]

TV

他多数

映画
楽曲PV


出演[編集]

TV
映画
舞台
  • 「THE BEE 日本バージョン」初演(2007年)・再演(2012年)
CM
  • ボス シルキーブラック」
  • ブルボン「くだものいっぱいゼリー」「ソースINデザート」※CMソング

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “近藤良平さん 博識で頑固おやじ 今だに蘊蓄の人|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ 彩の国さいたま芸術劇場の次期芸術監督の決定について(2021年2月16日)
  3. ^ 日本放送協会. “べいびー ろっく ~BABY ROCK~” (日本語). NHK みんなのうた. 2021年4月9日閲覧。

関連項目[編集]