近衛基平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
近衞基平
時代 鎌倉時代中期
生誕 寛元4年(1246年
死没 文永5年11月19日1268年12月24日
別名 深心院関白、号:深心院、西谷
官位 従一位関白左大臣
主君 後深草天皇亀山天皇
氏族 近衞家
父母 父:近衛兼経
母:九条仁子(九条道家の娘)
兄弟 宰子基平、信昭、慈静、衣笠経平室、近衛兼教
西園寺公相の娘、久我通能の娘、
一条実有の娘、洞院実雄の娘、近衛兼経の娘
家基、覚昭、位子兼教鷹司兼忠室、尋基
テンプレートを表示

近衛 基平(このえ もとひら)は、鎌倉時代中期の公卿摂政近衛兼経の長男。官位従一位関白左大臣近衛家5代当主。通称は深心院関白(しんしんいん かんぱく)。号に深心院、西谷がある。日記に「深心院関白記」がある。

経歴[編集]

建長3年(1251年)8月、五帝本紀を上達座において読む[1]。建長7年(1255年)10歳で従三位権中納言に叙任される。12月には左近衛大将を兼任。

建長8年(1256年正三位に叙される。正嘉元年(1257年従二位権大納言に叙任。正嘉2年(1258年)には正二位内大臣弘長元年(1261年)には右大臣に昇る。弘長3年(1263年)に従一位に陞叙され、同年中に一上となる。文永2年(1265年)左大臣となり、文永4年(1267年)関白を務める。

文永4年(1267年)に家臣と共に「殿暦」を写本(22冊)。

文永5年(1268年)11月15日頃に痢病を患い[2]、19日薨去。享年23。

官途[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。日付はいずれも旧暦。

  • 建長7年(1255年])- 1月13日 右近衛中将、従三位。6月2日 権中納言。12月13日 左近衛大将。
  • 建長8年(1256年)- 1月21日 正三位。
  • 正嘉元年(1257年)- 11月10日 権大納言(左大将如元)。11月19日 従二位。
  • 正嘉2年(1258年)- 1月13日 正二位。11月1日 内大臣。
  • 文応2年(1261年)- 1月 辞大将、賜兵仗。改弘長元年3月27日 右大臣。
  • 弘長3年(1263年)- 1月6日 従一位。4月2日 一上。
  • 文永2年(1265年)- 10月5日 左大臣。
  • 文永4年(1267年)- 12月9日 関白、氏長者。
  • 文永5年(1268年)- 3月21日 牛車宣旨

系譜[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡屋関白記』建長3年8月11日条
  2. ^ 『民経記』文永5年11月15日条