近衛家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近衛家
家紋
近衛牡丹このえぼたん
本姓 藤原北家近衛流
家祖 近衛基実[1]
種別 公家摂家[1]
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 近衛基実
近衛尚通
慶寿院
近衛前久
近衛前子
天英院
近衛尚子
近衛文麿
近衛忠煇
支流、分家 鷹司家(摂家)
近衛家(分家・子爵
水谷川家男爵
常磐井家(男爵)
粟田口家(公家)
衣笠家(公家)
藤井家[要曖昧さ回避](公家)
水野家(公家 → 武家[2]
多羅尾氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

近衛家(このえけ、旧字体:近衞家)は、公家五摂家のひとつ[3][1]。家名は平安京の近衛大路に由来する。通称に陽明家ようめいけがある。本姓藤原氏藤原北家近衛流の嫡流にあたる。摂関家には近衛流と九条流があるが、近衛流は藤原忠通の四男、九条流は六男を祖としており、五摂家の中で初めて藤氏長者をつとめたのが近衛流である。

概要[編集]

藤原忠通四男(実質的な長男)の近衛基実を家祖とする[1]。その子の基通京都近衛の北、室町の東の邸宅を「近衛殿」と称したことが家名の由来である[4]家紋は近衛牡丹。菩提寺京都大徳寺[5]

近衛基通は鎌倉時代初期に新幕派の叔父九条兼実九条家の祖)に対抗したことで知られる[6]。鎌倉時代中期には近衛家実の四男兼平により鷹司家が立てられた。南北朝時代の一時期には両朝に分裂していた。戦国時代には尚通など碩学政家や書家を輩出した。

近衛前久羽柴秀吉(豊臣秀吉)を近衛家の猶子にするなど戦国時代から江戸時代にかけて有力な当主だったが、前久の子近衛信尹は継嗣を欠いたため、江戸時代初頭に妹の前子が後陽成天皇との間に儲けた四之宮を養嗣子に迎え近衛信尋とした[5]。よって以後の近衛家のことを皇別摂家ともいう。江戸時代後期の近衛家の家領は2862石だった[5]。近衛家の荘官だった薩摩藩主の島津氏とは強い繋がりを持ち、御台所寔子敬子は近衛家の養子となった上で徳川将軍家に輿入れした。

明治16年(1884年)の華族令の制定に伴い、篤麿公爵に列した[5]。篤麿は貴族院議長東亜同文会会長として活発に政治活動を行った[6]。その息子近衛文麿も貴族院議長を経て昭和前期に3度にわたって内閣総理大臣(第34代、第38代、第39代)を務めている[6]。その弟秀麿も指揮者として著名である。

現当主の近衛忠煇日本赤十字社社長(現名誉社長)、国際赤十字赤新月社連盟会長を歴任した。忠煇は肥後細川家出身で細川護貞と文麿の娘・温子の次男。文麿の長男文隆シベリア抑留中に死去したため、近衛家の養子となった。なお、元内閣総理大臣(第79代)、元熊本県知事(第45・46代)の細川護熙は忠煇の実兄。また、忠煇の夫人は三笠宮崇仁親王の長女甯子。その長男で次期当主の忠大NHK職員などを経て現在は映像作家や宮中歌会始で講師などを務めている。

系譜[編集]

近衛邸跡[編集]

江戸時代に近衛家は、京都の烏丸今出川の京都御苑内にあった。その場所は、同志社大学今出川キャンパスの向かいに位置する。築地塀や建物はないが、大池を囲む庭園は保存されており、九条家址の九条池に対し近衛池とよばれている。池の周囲には、有名なしだれ桜である「近衛桜」があり、御花見シーズンには市民でにぎわう。となりには桂宮邸址があり、こちらには築地塀や表門が残っている。

奈良西大寺には寝殿造りである近衛家の政所御殿が移築され、愛染堂として使用されている。愛知西尾城には近衛家の数奇屋棟と茶室棟が移築されている。京都の東福寺塔頭・毘沙門堂・勝林寺には大玄関が移築され現在もお堂として使われている。

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の近衛家領は以下の通り。(15村・2,862余)

  • 山城国紀伊郡のうち - 1村
    • 吉祥院村のうち - 55石余
  • 山城国宇治郡のうち - 1村
    • 五ヶ庄のうち - 383石余
  • 山城国久世郡のうち - 1村
    • 枇杷庄村のうち - 394石余
  • 摂津国川辺郡のうち - 12村
    • 曼陀羅寺村のうち - 166石余
    • 外崎村のうち - 114石余
    • 外城村 - 56石余
    • 高畑村 - 31石余
    • 野田村 - 117石余
    • 植松村 - 264石余
    • 円正寺村 - 19石余
    • 南中小路村 - 38石余
    • 北中小路村 - 72石余
    • 昆陽口村 - 148石余
    • 北小路村 - 283石余
    • 伊丹村 - 716石余

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 太田 1934, p. 2351.
  2. ^ 寛政譜
  3. ^ 近衛(このえ)の意味”. goo国語辞書. 2019年11月29日閲覧。
  4. ^ 太田 1934, pp. 2350-2351.
  5. ^ a b c d 太田 1934, p. 2352.
  6. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 近衛家(コトバンク)

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「近衛 コノヱ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2350-2353頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/2693 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 近衛忠大・NHK「真珠湾への道」取材班『近衛家の太平洋戦争』(日本放送出版協会2004年) ISBN 4-14-080839-X
  • 瀬川淑子『皇女品宮の日常生活 『无上法院殿御日記』を読む』(岩波書店2001年) ISBN 4-00-022812-9
  • 谷口研語『流浪の戦国貴族 近衛前久 天下一統に翻弄された生涯』(中公新書1994年) ISBN 4-12-101213-5
  • 羽倉敬尚『幕末の宮廷』(平凡社、1979年4月)
  • 橋本政宣『近世公家社会の研究』(吉川弘文館2002年) ISBN 4-642-03378-5
  • 湯川敏治『戦国期公家社会と荘園経済』(続群書類従完成会、2005年) ISBN 4-7971-0744-8
中世後期近衛家の家族構成と家産経済の考察。
系譜参考

関連項目[編集]