近鉄東信貴鋼索線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近畿日本鉄道 東信貴鋼索線
さよなら運転(1983年8月29日信貴山下駅)
さよなら運転(1983年8月29日信貴山下駅)
基本情報
通称 東信貴ケーブル
現況 廃止
日本の旗 日本
所在地 奈良県生駒郡三郷町
種類 鋼索鉄道(単線2両交走式)
起点 信貴山下駅
終点 信貴山駅
駅数 2駅
開業 1922年5月16日
廃止 1983年9月1日
所有者 近畿日本鉄道
運営者 近畿日本鉄道
使用車両 コ9形
路線諸元
路線距離 1.7 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
最大勾配 217
高低差 231 m
最高速度 2.83 m/s
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
凡例
生駒線
0.0 信貴山下 標高 42 m
exSPLa
exSPLe
exKBHFe
1.7 信貴山 標高 273 m

東信貴鋼索線(ひがししぎこうさくせん)は、奈良県生駒郡三郷町近鉄生駒線信貴山下駅から、信貴山朝護孫子寺の入口である信貴山駅までを結んでいた近畿日本鉄道(近鉄)の鋼索鉄道(ケーブルカー)線。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):1.7km
  • 方式:単線2両交走式
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 勾配:最大217(約12°14)、平均125‰

概要[編集]

信貴山下駅に保存されている東信貴鋼索線コ9形車両の車輪とレール

生駒線の前身となる信貴生駒電気鉄道が、生駒線と接続して関西本線王寺駅から信貴山へ東側より入るルートを確立するために開業したが、1930年に近鉄の前身である大阪電気軌道(大軌)とその子会社の信貴山急行電鉄が現在の信貴線西信貴鋼索線を開業させると、そちらの方が大阪市からは至便なルートとなったことにより、乗客は減少した。その後、近鉄に統合された後も細々と輸送を行っていたが、周辺が住宅化されると路線が道路整備の支障となり、乗客もさらに減少していたことから、1983年に全廃された。

運賃は大人片道350円(1983年当時。他線区の駅から信貴山駅までの運賃は、信貴山下駅までの運賃に350円を合算した金額)であった。

運行形態[編集]

1983年当時

  • 運行本数:終日約20分毎、1日42往復
  • 所要時間:10分00秒

車両[編集]

諸元[1]
  • 車両形式:コ9形
  • 車両番号:9(赤色塗装)、10(青色塗装)[2]
  • 最大寸法:長さ10,380mm×幅2,405mm×高さ4,075mm
  • 定員:116名(うち座席28名、クロスシートとロングシートが半々)
  • 自重:10.0トン
  • 制動装置:自動及び手用制動機
  • 集電装置:パンタグラフ2個
  • 勾配:1:8
  • 製造年:1933年(昭和8年)
  • 製造所:藤永田造船所

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)5月16日 信貴生駒電気鉄道により、山下(後、信貴山下) - 信貴山間開業
  • 1964年(昭和39年)10月1日 近畿日本鉄道(近鉄)に合併され、同社の東信貴鋼索線となる
  • 1983年(昭和58年)9月1日 全線廃止

駅一覧[編集]

全駅、奈良県生駒郡三郷町に所在。

駅名 営業キロ 接続路線
信貴山下駅 0.0 近畿日本鉄道:生駒線
信貴山駅 1.7

輸送実績[編集]

年度 旅客輸送人員(人) 貨物量(トン)
1936 257,918 218
1937 26,107 151
1939 299,280 229
1941 363,178 260
1943 310,373 274
1945 350,622 545
1949 284,137 253
1952 321,353 180
1958 281千 37
1963 289千 0
  • 鉄道統計資料、鉄道統計、国有鉄道陸運統計、地方鉄道軌道統計年報、私鉄統計年報各年度版
  • 1935年以前は鉄道線と合算、近鉄合併後は鋼索線合算のため省略

廃止後[編集]

当線廃止後、跡地の多くは道路用地に転用された[3]。麓側(信貴山下駅側)から約700mの路盤は、並行する道路の拡幅用地に転用された。その山側に続く約200mは、1986年に開校した信貴ケ丘高等学校(現・西和清陵高等学校)の用地の一部に取り込まれた。山側(信貴山駅側)の約800mは、枕木などが残されたまま遊歩道となった。信貴山下駅の鋼索線ホームは廃止後も残されていたが、1995年頃の駅舎改築に伴って撤去された。信貴山駅の駅舎と駅前広場はバス待合所・発着所に転用されている。

代替交通として、奈良交通が信貴山下駅 - 信貴山 - 信貴山門間でバスを運行している。もとは信貴山もしくは三室園東口までの運行であったが2012年4月28日より早朝・夜間を除き近鉄バス信貴山上線の終点である信貴山門へ終点が変更された[4]

車両は2両のうち、車両番号9は三郷町立三郷北小学校に譲渡され、中庭に保存されている[5][6][3]。三郷町民の有志により、信貴山下駅に移設して展示する構想がある[7]

車両番号10は解体され、車輪などの部品が信貴山下駅構内に展示されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東信貴鋼索線さよなら記念乗車券 - 近畿日本鉄道 1983年発行
  2. ^ 車両番号は、生駒鋼索線の1〜6(当時)及び西信貴鋼索線の7・8の続き番号としたものである。
  3. ^ a b 「まさか」の急坂はケーブル線跡 奈良・三郷町 - YouTube(朝日新聞社提供、2018年11月24日公開)
  4. ^ 『広報さんごう』平成24年(2012年)5月号 (PDF)”. 三郷町(奈良県). pp. 2-3 (2012年5月1日). 2012年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月29日閲覧。
  5. ^ 三郷北小学校の沿革(2016年5月14日閲覧)
  6. ^ Googleストリートビュー
  7. ^ 急坂 実はケーブル跡 - 朝日新聞奈良版 2018年11月22日

関連項目[編集]