近鉄1010系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
近鉄1010系電車
Kintetsu Series 1010 Nagoya.jpg
名古屋線を走る1010系
基本情報
製造所 近畿車輛
主要諸元
編成 3両編成[1]
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500 V
最高運転速度 名古屋線:110 km/h
湯の山線・鈴鹿線:80 km/h
京都線時代:105 km/h
自重 Mc車・M車:41.0 t [2]
Tc車:35.0 t [2]
全長 20,720[2][3] mm
全幅 2,800[2][3] mm
全高 M車 4,150[2][3]
Tc車 4,017[2][3] mm
台車 Mc・M車:KD-74[2][3]
Tc車:KD-32E/KD-42A/ND-8A[3]→KD-51H
主電動機 三菱電機MB-3020E[2][3]
主電動機出力 132 kW×4[2][3]
駆動方式 WNドライブ
吊り掛け駆動方式※)
歯車比 5.47 (82:15) [2]
制御装置 界磁位相制御
抵抗制御※)
型式:日立製作所製MMC-HTR-20E[2][3]
(三菱電機製ABF※)
制動装置 回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキ
型式:HSC-R[2][3]
保安装置 近鉄型ATS列車選別装置列車無線装置
備考 ※は登場時
テンプレートを表示

1010系電車(1010けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道(近鉄)が導入した一般車両(通勤形電車)である。電算記号はT(10番台)[4]

当初は京都線の920系として登場し、名古屋線への転属の際に1010系に改番された[3][5]。本項では京都線時代の920系電車についても記述する。

概要[編集]

1972年登場。当時、京都線で使用されていた600系などの小型車置き換えと輸送力増強を目的に920系として登場した[1][6][5][7][8][9]。一部の走行機器を600系から流用して製造された吊り掛け駆動方式の旧性能車で[1][3][9]、電気ブレーキも装備していなかったため、通常の営業運転時では京都線・橿原線天理線奈良線大和西大寺駅 - 近鉄奈良駅間の運用に限定されていた[* 1]

車体は8400系と同等の普通鋼製で[3][9]、乗降扉は片側4箇所、座席はロングシートで[8]、車両間の貫通路は幅の広いものとなっている。京都難波寄りからモ920(奇数) + モ920(偶数) + ク970形で3両編成を組成し、5編成15両が製造された[3][5][8][9]

製造当初は冷房装置が省略されていた[8][9]

主要機器(製造当初)[編集]

先述の通り600系の一部機器を流用したため、駆動方式は吊り掛け駆動方式[1]主電動機はMB-213AF(出力は140 kW[1]、制御装置は三菱電機製のABFを搭載し、以上の電装品は1969年に実施された奈良線・京都線の架線電圧1,500 V昇圧工事の際に新製されたものである[9]

電動車の台車は将来のカルダン駆動方式化を想定して空気ばねのKD-74を新造したが[3][8][9]、制御車の台車は廃車発生品を整備・改造して装着した[* 2][3][8]

制動装置はHSCである。集電装置は菱形式のPT-42がモ920形(偶数)に2基装備された[9]

改造[編集]

冷房化と界磁位相制御化とカルダン駆動方式化と回生ブレーキ化

1982年2月から11月にかけて冷房化と同時に制御方式を抵抗制御から界磁位相制御、駆動方式を吊り掛け駆動方式からカルダン駆動方式に変更する改造工事が行われた[1][3][5][7][9]。その際、制御器は8000系の回生ブレーキ化によって発生したMMC制御器を流用して改造した日立製作所製MMC-HTR-20E[1][8]、主電動機は廃車となった10100系の三菱電機製MB-3020Eに交換され、出力は125 kWから132 kWに増強された[1][3][8]。以上の改造により、回生ブレーキが使用可能になり[5][8][9]、同時に車体前面の方向幕設置が行われたが、集電装置の配置変更は行われていない。

空気圧縮機はHS-10をMc車[7]、電動発電機は日立製HG-634をTc車に搭載した[7]。WNドライブ変更後の車両性能は1000系の3両編成車と同一で[7]、最高速度は110 km/hである。

名古屋線への転属・形式変更

京都線・橿原線での3両編成による運用が減少したため[3][5]1987年7月から1989年11月にかけて全車が方向転換・連結器の高さ変更・ク1110形の正面渡り板交換などの改造を行い、名古屋線に転属した[3][5][8][9]。この際、改番が行われ、性能面や機器面でほぼ同一となっていた1000系に続く名古屋寄りからク1110形 + モ1060形 + モ1010形とされ、形式が1010系に変更された[3][5][9]

京都線車両を出自とするため、全線共通仕様の車体を持つVVVFインバータ制御車が投入されるまでは、名古屋線車両で唯一幅2800 mmの裾絞り車体を持っていた。

車体更新とク1110形の台車交換

1992年から1993年にかけて車体更新が行われた[5]。後年、ク1110形では台車が廃車発生品のKD-51Hに交換された[7]

B更新とワンマン対応改造と車体連結部の転落防止幌設置

2006年から2007年にかけて1012F・1013F・1015Fに車体の外装材および車内の内装材交換とク1110形の空気ばね台車化を中心とする2回目の車体更新(B更新)とワンマン運転対応改造が高安検修センターにて行われた[10][11][7][8]。後年、車体連結部の転落防止幌設置も行われた[10][11]。なお、連結側車端部の車椅子スペース整備は全車で見送られた。

組成変更

2013年11月に1012Fと1014Fが五位堂検修車庫に自力回送されて[12]モ1060形をそれぞれ脱車し、名古屋寄りからク1112 + モ1064 + モ1012に組み換えた[9][12][13]。この際、ク1110形ク1112はク1116、モ1060形モ1064はモ1066、モ1010形モ1012はモ1016に改番が行われ、2013年11月22日付で1016F(電算記号はT16[4])として車籍登録し、30日に営業運転に復帰した[9][12][13]。車体連結部の転落防止幌設置は行われたが[12]、先頭車は1012F時代にB更新とワンマン対応改造と固定窓化が行われており、中間車は1014F時代にB更新とワンマン対応改造が行われていなかったため、先頭車と中間車で内外装材の異なる3両編成を組成した[12]。編成から外されたク1110形ク1114とモ1010形モ1014とモ1060形モ1062は高安車庫に留置され[12]、2013年11月22日付でク1110形ク1114とモ1010形モ1014は廃車され[9][13]2014年10月14日付でモ1060形モ1062は車齢が50年近くに達していた8600系8617Fのサ8150形サ8167の廃車代替として再度の車体更新とワンマン機器撤去と電装解除の上でサ8150形サ8177として車籍登録し[14]、難波・京都寄りからモ8617 + サ8177 + モ8667 + ク8117に組み換えた[9][14]。ただし、方向転換は省略され、他のサ8150形とは前後逆の窓配置となっている。

  B更新出場 ワンマン対応 車椅子対応 廃車
1011F 未施工 非対応[3] 未整備 運用中
1012F 2006年7月[10] 対応済[10] 未整備 2013年11月改番
1013F 2007年8月[11] 対応済[3][9][11] 未整備 運用中
1014F 未施工 非対応 未整備 2013年11月
1015F 2006年9月[10] 対応済[3][9][10] 未整備 運用中
1016F モ1060形のみ未施工 対応済[3][9] 未整備 運用中


編成[編集]

登場時
← 京都
近鉄奈良・天理・橿原神宮前 →
Mc
モ920形(奇数)
M
モ920形(偶数)
Tc
ク970形
現行
← 近鉄名古屋
鳥羽 →
Tc
ク1110形
M
モ1060形
Mc
モ1010形

運用線区[編集]

名古屋線の準急普通列車を中心に[3][8][9]、平日早朝の山田線鳥羽線の普通列車(車掌乗務)、ワンマン運転対応の車両は湯の山線・鈴鹿線でも運用されている[8][9]

廃車[編集]

同時期に製造された1000系、8400系には廃車が発生しているが、2013年4月時点では本系列の廃車は発生しておらず、製造された3両編成5本(15両)全車両が在籍していた[15]。しかし、2013年11月には先述の組成変更により、余剰となった1014Fの先頭車2両[9][13]、2014年10月には先述の中間車転用により、余剰となった1012Fのモ1060形モ1062が1010系では初の除籍となり、2019年現在までに3両の車籍抹消が発生している。

2019年4月現在は3両編成4本12両が在籍し、明星検車区に配置されている[16]

参考文献[編集]

  • 諸河久・山辺誠『日本の私鉄 近鉄2』(カラーブックス)、保育社、1998年。ISBN 4-586-50905-8
  • 日本の私鉄「近畿日本鉄道」p.84・p.85 (著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年) ISBN 978-4-620-32003-8
  • 『近畿日本鉄道完全データ』 p.58・p.59 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934
  • 飯島厳・藤井信夫・井上広和『復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道II 通勤車他』ネコ・パブリッシング、2002年(原版は保育社、1986年)。ISBN 4-87366-296-6
  • 『私鉄車両年鑑2012』 16p (発行 イカロス出版 2012年)ISBN 978-4-86320-549-9
  • 三好好三『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』(JTBキャンブックス)、JTBパブリッシング、2016年。ISBN 978-4-533-11435-9
  • 交友社鉄道ファン
    • 付録小冊子「大手私鉄車両ファイル 車両配置表&車両データバンク」2007年9月・2008年9月・2013年8月 - 2015年8月・2019年8月発行号
    • 2018年2月号 Vol.58/通巻682号 柴田東吾「機器流用車の現状 大手私鉄後編」p.88 - p.93

脚注[編集]

注釈

  1. ^ ただし、奈良線の大和西大寺以西へは、担当工場である玉川工場への入出場回送の際に入線していたため、920系が奈良線大和西大寺以西の走行実績が全くない訳ではない。
  2. ^ ク971はKD-32E、ク972・ク973はKD-42A、ク974・ク975は日本車輌製造ND-8Aを装着する。いずれも1959年の名古屋線標準軌化以降に新製された円筒案内式金属ばね台車である[9]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 飯島・藤井・井上『復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道II』p.73
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 飯島・藤井・井上『復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道II』p.172-173
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 三好好三『近鉄電車』p.171
  4. ^ a b 三好好三『近鉄電車』p.228
  5. ^ a b c d e f g h i 諸河久・山辺誠『日本の私鉄 近鉄2』p.54
  6. ^ 三好好三『近鉄電車』p.170
  7. ^ a b c d e f g 日本の私鉄「近畿日本鉄道」p.84・p.85(著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年) ISBN 978-4-620-32003-8
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 『私鉄車両年鑑2012』 16p (発行 イカロス出版 2012年)ISBN 978-4-86320-549-9
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 交友社鉄道ファン』2018年2月号 Vol.58/通巻682号 柴田東吾「機器流用車の現状 大手私鉄後編」p.88 - p.93
  10. ^ a b c d e f 『鉄道ファン』2007年9月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2007 車両配置表&車両データバンク」
  11. ^ a b c d 『鉄道ファン』2008年9月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2008 車両配置表&車両データバンク」
  12. ^ a b c d e f 近鉄 近鉄1010系で組成変更 交友社『鉄道ファン』railf.jp 2013年12月04日
  13. ^ a b c d 『鉄道ファン』2014年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2014 車両データバンク」
  14. ^ a b 『鉄道ファン』2015年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2015 車両データバンク」
  15. ^ 『鉄道ファン』2013年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2013」
  16. ^ 交友社鉄道ファン』2019年8月号 Vol.59/通巻700号 付録小冊子「大手私鉄車両ファイル2019 車両配置表」(当文献にページ番号の記載無し)

関連項目[編集]