迷走王 ボーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
迷走王 ボーダー
ジャンル 青年漫画
漫画
原作・原案など 狩撫麻礼
作画 たなか亜希夫
出版社 双葉社
掲載誌 漫画アクション
レーベル アクションコミックス
発表期間 1986年 - 1989年
巻数 アクションコミックス/全14巻
アクションコミックス(復刻版)/全6巻
双葉文庫名作シリーズ/全8巻
話数 全151話
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

迷走王 ボーダー』(めいそうおうボーダー)は、狩撫麻礼原作、たなか亜希夫作画による漫画。1986年から1989年にかけて、双葉社の「漫画アクション」にて連載された。1991年に『迷走王ボーダー 社会復帰編』のタイトルでOVAが発売されている。

狩撫麻礼、たなか亜希夫はともに小池一夫劇画村塾の出身で、本作は1985年の『ア・ホーマンス』に続く共同作品である。

主役3人のその後を描いているわけではないが、3人はそのままに舞台を平安時代に移した続編『ネオ・ボーダー』が「漫画アクション」誌上で2011年11号から2015年16号まで連載された(なお、狩撫は名義を「ひじかた憂峰」に変更している)。最終回掲載号で更なる続編『ボーダー・改』を構想中であることが予告されている。

なお、当時、漫画アクションに連載されたいしかわじゅんのエッセイ漫画「フロムK」での、自分の描かれ方に不満を感じた狩撫は、「ボーダー」の一回を、いしかわと関川夏央を登場人物として揶揄する漫画として執筆した(単行本には未収録)[1]

ストーリー[編集]

いい年をして安アパート「月光荘」の便所部屋でその日暮らしの極貧生活を送る粗暴な蜂須賀と、同じく無職で素性不明の久保田、東大志望の浪人生(のち合格)で、蜂須賀に迷惑をかけられながらも行動を共にする木村の3人が巻き起こす騒動を描いた物語。自分たちから見て「あちら側」と称した世界(つまり唾棄すべき一般人の世界)と「こちら側」との境界線上を行く者という意味で「ボーダー」という生き方を選んだ3人の生き様を、時にはリリカルに時にはコミカルに描く。

OVA[編集]

迷走王ボーダー 社会復帰編
OVA
監督 石黒昇
キャラクターデザイン 青井清年
アニメーション制作 アートランド
製作 日本コロムビア
発売日 1991年9月1日
話数 全1話(45分)
テンプレート - ノート

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブプロデューサー - 蛭田元二
  • プロデューサー - 高山雅治、小野哲男
  • 原作 - 狩撫麻礼たなか亜希夫
  • 監督・絵コンテ - 石黒昇
  • 脚本 - 佐田明
  • 演出 - 花井信也
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 青井清年
  • 美術監督 - 明石貞一
  • 撮影監督 - 杉山幸夫
  • 音響監督 - 早瀬博雪
  • 色指定 - 大津多美子、加藤全美
  • 特殊効果 - 山本公
  • 編集 - 三木幸子
  • 音楽 - 堅人
  • アニメーション制作 - アートランド
  • 製作協力 - 日本アニメーション
  • 製作 - 日本コロムビア

脚注[編集]

  1. ^ いしかわじゅん「秘密の本棚―漫画と、漫画の周辺」小学館クリエイティブ