追原そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

追原そば(おいはらそば)は、白河そばのルーツであり、白河藩主・松平定信がお忍びで立ち寄って食したといわれる。 しかし、新品種の生産に押され近年は失われつつあった。 わずかに残った在来種の種を、細々と栽培してきた一部の農家が、本格的な栽培と生そばの販売を開始した。