追風山裕邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
追風山 裕邦 Sumo pictogram.svg
Oiteyama 1959 Scan10013.JPG
追風山 裕邦(1959年。当時は追手山)
基礎情報
四股名 山口 貢 → 清櫻 貢 → 追手山 貢 → 追手山 寅次郎 → 追手山 貢 → 追風山 裕邦
本名 山口 貢
生年月日 1938年6月16日
没年月日 (2014-01-02) 2014年1月2日(75歳没)
出身 青森県北津軽郡嘉瀬村(現・同県五所川原市
身長 181cm
体重 131kg
BMI 39.99
所属部屋 立浪部屋(入門時は追手風部屋
得意技 左四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位前頭6枚目
生涯戦歴 577勝545敗18休(88場所)
幕内戦歴 107勝133敗15休(17場所)
データ
初土俵 1953年5月場所
入幕 1960年5月場所
引退 1969年5月場所
引退後 年寄大鳴戸→年寄・追手風→年寄・中川
備考
2019年7月14日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

追風山 裕邦(おいてやま ひろくに、本名:山口 貢(やまぐち みつぐ)、1938年6月16日-2014年1月2日)は、青森県北津軽郡嘉瀬村(現・同県五所川原市)出身で、立浪部屋(入門時は追手風部屋)に所属した大相撲力士である。自己最高位は、東前頭6枚目(1962年11月場所)。現役時代の体格は181cm、 131kg。得意手は左四つ、寄り、上手投げ。現在の追手風親方(元前頭2・大翔山直樹)の岳父[1]

なお、夫人は最初の師匠・8代追手風(元大関清水川)の義理の姪(夫人の叔母が、師匠の後妻に当たる)である。

来歴[編集]

5人兄弟の末っ子として生まれ、子供の時から体格が大きく多くの相撲大会に出て活躍していた。その活躍ぶりが、同郷で追手風部屋に所属した元幕下力士・清水岩の目に止まり、中学校在学中に同部屋へ入門する事となった。

1953年5月場所にて、14歳で初土俵、翌場所から立浪部屋所属となった[1]序ノ口に付いた時の四股名は、師匠の元大関・清水川から1字を取った「清櫻」であった。

なお、改名後の「追手山」および「追風山」は、いずれも追手風部屋に因んでいる。

以来、1954年1月場所で序二段1955年1月場所で三段目へ昇進。1956年1月場所では幕下昇進と、順調に出世街道を走った。

1959年1月場所、20歳で十両に昇進。その後、1960年5月場所で新入幕を果たした[1]

非力だが重い腰を生かした寄りや上手投げを得意としたが、組んでも頭を下げず勝ち味も遅くて幕内上位へ進出できず、1969年5月場所限りで引退した[1]

引退後は年寄大鳴戸から同・追手風を襲名し、長らく立浪部屋の部屋付き親方でいた。だが、娘婿である元前頭2・大翔山の中川親方に追手風部屋再興を託して、追手風と中川の年寄名跡を交換。

この間、元・大翔山とともに友綱部屋に移り、1998年には元・大翔山の11代追手風親方の独立とともに追手風部屋に移籍。以降は、部屋付き親方として停年退職まで部屋の運営をサポートした。

停年退職後は埼玉県内で暮らしていたが、2014年1月2日に心停止のため75歳で急逝した。[2]

年譜[編集]

  • 1953年5月:追手風部屋より、初土俵を踏む。
  • 1959年1月:十両に昇進。
  • 1960年5月:追手山寅次郎の四股名で、新入幕。
  • 1962年1月:追手山貢の四股名で、再入幕。 
  • 1962年11月:自己最高位となる、東前頭6枚目に昇進。
  • 1965年1月:追手風部屋が、立浪部屋に吸収合併される。
  • 1965年11月:追風山裕邦と改名(上の名の読みは、「おいてやま」のまま)。
  • 1969年5月:引退。年寄・大鳴戸襲名。その後、年寄・追手風を襲名。
  • 1998年2月:年寄・中川(元・大翔山)と名跡を交換。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:577勝545敗18休 勝率.515
  • 幕内成績:107勝133敗15休 勝率.446
  • 現役在位:88場所
  • 幕内在位:17場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1964年11月場所)

場所別成績[編集]

追風山裕邦
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1953年
(昭和28年)
x x 西新序
0–3 
x 東序ノ口筆頭
2–6 
x
1954年
(昭和29年)
東序二段64枚目
5–3 
西序二段24枚目
5–3 
東序二段7枚目
3–5 
x 西序二段11枚目
5–3 
x
1955年
(昭和30年)
西三段目66枚目
5–3 
東三段目40枚目
5–3 
東三段目24枚目
4–4 
x 東三段目20枚目
7–1 
x
1956年
(昭和31年)
西幕下59枚目
5–3 
西幕下46枚目
4–4 
西幕下44枚目
5–3 
x 西幕下39枚目
5–3 
x
1957年
(昭和32年)
西幕下27枚目
5–3 
西幕下18枚目
3–5 
西幕下23枚目
5–3 
x 西幕下19枚目
4–4 
西幕下19枚目
3–3–2 
1958年
(昭和33年)
西幕下26枚目
5–3 
東幕下20枚目
6–2 
西幕下11枚目
4–4 
西幕下10枚目
4–4 
西幕下9枚目
6–2 
東幕下3枚目
7–1 
1959年
(昭和34年)
西十両22枚目
12–3 
西十両7枚目
7–8 
西十両8枚目
9–6 
東十両6枚目
6–9 
西十両9枚目
7–8 
東十両10枚目
8–7 
1960年
(昭和35年)
西十両8枚目
9–6 
西十両5枚目
11–4 
東前頭17枚目
8–7 
東前頭13枚目
3–12 
東十両6枚目
8–7 
東十両5枚目
5–10 
1961年
(昭和36年)
西十両10枚目
9–6 
東十両5枚目
8–7 
西十両2枚目
6–9 
東十両6枚目
10–5 
西十両筆頭
7–8 
西十両3枚目
10–5 
1962年
(昭和37年)
西前頭13枚目
9–6 
西前頭9枚目
6–9 
西前頭10枚目
9–6 
西前頭8枚目
8–7 
西前頭7枚目
8–7 
東前頭6枚目
4–11 
1963年
(昭和38年)
西前頭12枚目
6–9 
西前頭15枚目
5–10 
西十両5枚目
7–8 
西十両6枚目
6–9 
西十両8枚目
5–10 
東十両16枚目
9–6 
1964年
(昭和39年)
西十両7枚目
9–6 
東十両5枚目
9–6 
西十両3枚目
6–9 
東十両8枚目
7–8 
東十両9枚目
10–5 
東十両3枚目
優勝
13–2
1965年
(昭和40年)
東前頭13枚目
9–6 
西前頭7枚目
休場[3]
0–0–15
東十両2枚目
5–10 
東十両7枚目
7–8 
西十両7枚目
8–7 
東十両5枚目
6–9 
1966年
(昭和41年)
東十両7枚目
9–6 
東十両2枚目
10–5 
東前頭14枚目
9–6 
西前頭9枚目
6–9 
西前頭11枚目
8–7 
西前頭6枚目
6–9 
1967年
(昭和42年)
東前頭10枚目
3–12 
東十両5枚目
8–7 
西十両6枚目
9–6 
西十両2枚目
5–10 
東十両9枚目
9–6 
西十両5枚目
7–8 
1968年
(昭和43年)
西十両6枚目
8–7 
東十両4枚目
6–9 
東十両9枚目
7–7–1 
西十両10枚目
9–6 
西十両4枚目
4–11 
東十両12枚目
9–6 
1969年
(昭和44年)
西十両7枚目
9–6 
東十両4枚目
5–10 
東十両12枚目
引退
5–10–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 清櫻 貢(きよざくら みつぐ)1953年9月場所 - 1958年7月場所
  • 追手山 貢(おいてやま みつぐ)1958年9月場所 - 1960年3月場所
  • 追手山 寅次郎(おいてやま とらじろう)1960年5月場所 - 1961年11月場所
  • 追手山 貢(おいてやま みつぐ)1962年1月場所 - 1965年9月場所
  • 追風山 裕邦(おいてやま ひろくに)1965年11月場所 - 1969年5月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 大鳴戸 裕邦(おおなると ひろくに)1969年5月 - 1969年11月
  • 追手風 裕邦(おいてかぜ ひろくに)1969年11月 - 1998年2月
  • 中川 裕邦(なかがわ ひろくに)1998年2月 - 1998年5月
  • 中川 貢(- みつぐ)1998年5月 - 2003年6月(停年退職)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p27
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』(2014年3月号)127頁より
  3. ^ 左足部骨折により全休

関連項目[編集]