送り引き落とし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

送り引き落とし(おくりひきおとし)とは、相撲決まり手の一つである。相手の後方に回り込み、相手を自分の前方に引き倒す技。

2000年12月に制定された新しい決まり手のうちの1つで、2002年1月場所9日目に旭鷲山玉乃島に対して決めたのが、幕内で決まり手としては初めて記録された一番である(2回目も、同年5月場所のこの両者の取組で記録)。直近の記録では、2014年9月場所13日目に宝富士が小結常幸龍に対して、また2018年九州場所初日に佐田の海大栄翔に対して決めている。

また十両では2013年5月場所初日に隆の山徳真鵬に対して決めている。幕下では2018年5月場所千秋楽に一山本北磻磨に対して勝っており、他にも2020年7月場所13日目に一山本に対して宇良が決めている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 宇良、珍決まり手で6勝目「体が自然に動いた感じ」 日刊スポーツ 2020年7月31日15時1分(2020年7月31日閲覧)

関連項目[編集]