逆転裁判2 -蘇る真実、再び…-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

逆転裁判2 -蘇る真実、再び…-』(ぎゃくてんさいばんツー よみがえるしんじつ、ふたたび)は、宝塚歌劇団のミュージカル。

形式名は「バウ・ロマン」[1][2]。2幕[3]

原作・監修・制作協力は株式会社カプコン[1][2]

概要[編集]

カプコンの法廷アドベンチャーゲーム『逆転裁判』を原作とする第2作。前作『逆転裁判 -蘇る真実-』の好評を受け、2009年3月2日に同じ宙組[1][2]による続編『逆転裁判2』の公演が発表された[4]

前作と同じく鈴木圭が脚本と演出[1][2]を担当し、宝塚バウホール2009年8月20日 - 8月31日)[1]赤坂ACTシアター(2009年9月5日 - 9月15日)[2]で公演した。なお、退団者の都合上キャスト変更などがある。

第3作『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』(2013年1月初演)では、本作で脇役であったマイルズ・エッジワースが主役となり、本作で同役を演じた悠未ひろが主演している。

出演者[編集]

※宝塚では春瀬央季は8月30日から休演していた[5][6]

主な配役[編集]

※「()」は原作の人物に対応する。なお、これら対応人物については出典していない(2018年9月現在)。

  • フェニックス・ライト[7][8](成歩堂龍一) - 蘭寿とむ
  • ローズ・アレイア[7][8](オリジナルキャラクター) - 光あけみ
  • ロッタ・ハート[7][8](大沢木ナツミ) - 美風舞良
  • マイルズ・エッジワース[7][8](御剣怜侍) - 悠未ひろ
  • 裁判長[7][8] - 風莉じん
  • ディック・ガムシュー[7][8](糸鋸圭介) - 春風弥里
  • ルーチェ・アレイア[7][8](オリジナルキャラクター) - 純矢ちとせ
  • ローランド・スミス[7][8](オリジナルキャラクター) - 七海ひろき
  • メアリー・ウェーバー[7][8] - 美影凜
  • ルード・ベス[7][8] - 光海舞人
  • フランジスカ・ヴォン・カルマ[7][8](狩魔冥) - 藤咲えり
  • マヤ・フェイ[7][8](綾里真宵) - すみれ乃麗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 宝塚歌劇団の公式ページ・宝塚バウホール公演 2015年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e 宝塚歌劇団の公式ページ・赤坂ACTシアター公演 2015年11月8日閲覧。
  3. ^ 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、p.242。ISBN 978-4-484-14600-3
  4. ^ カプコン、宝塚歌劇「逆転裁判2」の公演が決定!(カプコン プレスリリース)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 宝塚歌劇団の公式ページ・宝塚バウホール公演 出演者 2015年11月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 宝塚歌劇団の公式ページ・赤坂ACTシアター公演 出演者 2015年11月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 宝塚歌劇団の公式ページ・宝塚バウホール公演 主な配役 2015年11月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 宝塚歌劇団の公式ページ・赤坂ACTシアター公演 主な配役 2015年11月8日閲覧。