通信科 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
通信科職種徽章と部隊章(防衛大臣直轄部隊)

通信科(つうしんか、: Signal)は、陸上自衛隊職種の一つ。他国軍隊における通信兵に相当する。通信組織を構成・維持・管理し戦闘能力発揮の基盤となるほか、電子戦や隊内の映像写真撮影、通信電子器材の整備等を行う。戦闘支援職種であるが行動の特性から車両の充足率は極めて高い。職種標識の色は

運用[編集]

広範囲に分散し少人数で行動することが多いのが特徴で、実戦における部隊編成は各通信特技(後述)が集合し通信所を開設・運用する。運用には平時から綿密に計画されており各特技が有機的に統合されることで最大の能力を発揮する。

部隊[編集]

陸上自衛隊における最大の部隊単位はシステム通信団市ヶ谷駐屯地)で、各方面隊に方面(システム)通信群、各師団には通信大隊旅団第1空挺団水陸機動団には通信中隊、各高射特科群・第15高射特科連隊には高射搬送通信中隊が配置される。他に電子戦専門部隊の第1電子隊及び西部方面通信情報隊職種学校の陸上自衛隊通信学校、教育研究支援部隊の通信教導隊、通信保全を担当する通信保全監査隊サイバーテロ対処部隊であるシステム防護隊、後方支援部隊には通信電子器材の補給・整備を担任する直接支援隊等がある。それ以外に通信科ではないが戦闘職種(普・特・機・施)等の本部管理中隊に通信小隊等が編成され隷下部隊と上級部隊との通信を確保している。

特技[編集]

現在、通信科特技は以下の5つに大別される。「システム」は通信科特技ではないが自衛隊では通信科職種部隊の中に存在している場合が多いのでここに記述する。

搬送(Carrier)
多重無線通信を担任する。大容量の通信組織を比較的容易に開設することが出来る。現在の主流通信経路で衛星通信も搬送の範疇に含める場合が多い。
有線(Wire)
有線通信を担任する。搬送と連接し電話交換機で自動電話網を構成する他、末端までの有線通信経路を構成する。
無線(Wireless)
無線電信を担任する。モールス信号や無線電話を用いて長距離通信を構成する。廃れる一方で最後の通信手段として確保されており、その長所が映画インディペンデンス・デイでも再現されている。
暗号(Cipher)
信務電信を担任する。独自の技術で各種秘匿通信を行う他、通信保全にも長けていることが多い。
システム(System)
システム端末の運用操作・保守(コンピュータセキュリティ・対クラッキングを含む)及びネットワーク回線及び構成機器の維持管理、プログラムの開発等を行う。方面通信群に編成されていた「システム管理隊」がこれを担当していたが、近年の通信技術の革新に伴い基地通信部隊と統合、現在は「基地システム通信隊」として一元管理されている。通信科のみならず、これらの技術に長けた諸職種の隊員で構成されている。

この他上記特技を保有しながら電子戦映像写真業務に特化した隊員もいる。特技区分については近年の通信技術の革新が著しく、現状では対応出来ない側面が露呈していたために将来的な特技の統合・新設等の研究が重ねられてきたが、31中期防期間中に「システム通信科」へ変更される予定である[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 幕僚機関として2017年3月に陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部、2019年3月西部方面総監部防衛部に「システム通信課」を設置
  2. ^ 実働部隊として2018年3月に通信団(防衛大臣直轄)がシステム通信団(陸上総隊隷下)に、2019年3月に西部方面通信群が西部方面システム通信群に改組。

関連項目[編集]