通勤列車 (韓国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
通勤列車
都羅山駅に停車中のCDC通勤列車
都羅山駅に停車中のCDC通勤列車(2007年)
各種表記
ハングル 통근열차
漢字 通勤列車
発音 トングンニョルチャ
英語 Commuter Train /Tonggeun
テンプレートを表示

通勤列車(つうきんれっしゃ、トングンれっしゃ)は韓国鉄道公社(KORAIL)の列車種別各駅停車に相当する。

概要[編集]

京畿道北部を通る京元線の末端区間で各駅停車として運転している。かつては地方都市とその周りの中小都市の間でも運転しており、その際は各駅停車のほか、一部路線・区間では主要駅のみ停車する快速的な性格の列車も存在した。

かつてはトンイル号(統一号)の列車のひとつとされていた。始まりは釜山広域市1996年4月1日から運行された「都市通勤列車」である。ラッシュ時などに客車で運行されることもあったが、KTX開業時のダイヤ改正によって整理され、ほぼ全てCDCと呼ばれる9501系気動車で運行されるようになった(旌善線のみ客車で運行)。

通勤」とあるが、朝夕だけというわけでなく、終日運行している。

KORAILの一般列車は原則として列車・座席指定制だが、通勤列車は全列車全車両が自由席で座席指定はない。ただし列車は指定制で、乗車券にも記入されている。

歴史[編集]

設定上の料金は51.4kmまで1600ウォンだが、運行距離の短さや首都圏電鉄からの乗り継ぎを考慮し、全区間1000ウォンの特定運賃が適用されている。

過去の運行路線[編集]

利用者の伸び悩みや電化の進展など、鉄道環境の変化により、通勤列車の廃止措置が講じられている。CDC投入から約10年、通勤列車設定から5年足らずで路線網は大幅に縮小し、純然たる通勤列車が運行されているのは1路線のみである。

1997年6月16日2004年3月31日
旅客列車運行休止による。
1996年4月1日~2006年10月31日
釜山地下鉄2号線開業などによる利用者減少のため。(釜田 - 釜山間はKTX開業に伴い2004年2月1日に運転取りやめ)
1997年2006年10月31日
セマウル号に置き換え。
1998年~2006年10月31日
1997年6月16日2006年12月14日
1号線(京元電鉄線)の延伸開業による。
1996年2007年12月31日
長項線の延伸開業に伴う運行体系見直しによる。
1997年~2007年12月31日
セマウル号の運用見直しによる。
1997年~2009年6月30日
京義電鉄線の開業による。同時に臨津江 - 都羅山間の運行が復活。
2009年~2014年4月30日
観光列車「DMZ-train」運行開始による。
1997年〜2019年3月31日
首都圏電鉄1号線の延伸工事による。

車両[編集]

通勤列車はCDC(Commuter Diesel Car)と呼ばれる9501系ディーゼル動車韓国気動車のこと)で運行されている。旌善線ではムグンファ号客車と発電車・機関車の3両編成を用いて、自由席の通勤列車として運行していた。

関連項目[編集]