造兵司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

造兵司(ぞうへいし)は、令制官司の1つ。兵部省に属し、兵器の製造を行う。和訓は「つわものつくりのつかさ」[1]

職掌[編集]

兵器の製造とともに、兵器製造のために必要な技術集団を支配することを主たる任務とする。技術集団には雑戸に属する鍛戸(かぬちへ)・甲作(よろいつくり)・靫作(ゆぎづくり)・弓削(ゆげ)・矢作(やはぎ)・鞆張(ともはり)・羽結(はゆい)・桙刊(ほこけずり)、品部に属する爪工(はたくみ)・楯縫(たてぬい)・幄作(あげはつくり)があった。雑戸は10月から翌年3月までに戸ごとに1丁、品部は必要に応じて臨時に徴発された。

天平14年(744年)の雑戸解放の影響で廃止されたが、天平宝字2年(758年)以前に官司としての造兵司は復置された。寛平8年(896年)に新設の兵庫寮に統合されて廃止された。

職員[編集]

以下、『令集解』所引官員令別記

  • 雑戸
    • 鍛戸 217戸
    • 甲作 62戸
    • 靫作 58戸
    • 弓削 32戸
    • 矢作 22戸
    • 鞆張 24戸
    • 羽結 20戸
    • 桙刊 30戸
  • 品部
    • 爪作 18戸
    • 楯縫 36戸
    • 幄作 16戸

脚注[編集]

  1. ^ 「つわもの」の語源は、「器の者(うつわのもの)」であり、「武器を持った者」の意である。参考・小和田哲男 『この一冊で 日本の歴史がわかる!』 三笠書房 1996年 ISBN 4-8379-1628-7 p.133より。現代では、「強者」の字をあてたり、無手の者にまで用いる場合があるが、誤った用法。「強者」の和訓は「こわきもの」であり、『保元物語』にも「強者弱者(こわきもの よわきもの)」とある。

参考文献[編集]

  • 北啓太「造兵司」『日本史大事典 4』平凡社、1993年。 ISBN 978-4-582-13104-8)
  • 黛弘道「造兵司」『平安時代史事典』角川書店、1994年。 ISBN 978-4-040-31700-7)

関連項目[編集]