逢いたくて (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
逢いたくて
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00〜22:55(55分)
放送期間 1980年1月10日〜1980年4月3日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 桜井秀雄、森田光則
脚本 森崎東桃井章
プロデューサー 飯島敏宏
出演者 山本陽子
田中健
中山仁
中丸忠雄
藤田弓子
岡まゆみ
紀比呂子
中村久美
橋本功
水島彩子(奈良富士子)
ほか
オープニング メロディ『淋しくありませんか』
テンプレートを表示

逢いたくて』(あいたくて)は、毎日放送制作で、TBS系列の「木曜座」(毎週木曜日22:00 - 22:55)の枠で、1980年昭和55年)1月10日から同年4月3日まで放送されていたテレビドラマ。全13話。

概要[編集]

多恵子は平凡な主婦で、公私共に順調な暮らしをしていたが、ある日、自動車メーカーに勤める工業デザイナーの夫・玄が突然会社に辞表を出して帰って来た。陶芸家になりたいと言い出し、更に多恵子にはしばらく別居して欲しいと言って来た。多恵子には夫の真意がわからないまま、女友達の助けにより、古い倉庫の一室に移り住み自活を始め、また夫の同期入社の同僚・仁科の紹介で、自動車販売会社に就職した。そんな中、志を得られず挫折してアメリカから無一文で帰国した画家志望の青年・忠夫が現れ、やがて多恵子との同棲生活を始め、多恵子は疑似夫婦を演じるようになった。そこへまた、多恵子の妹・景子が家出して倉庫にやって来て同居して欲しいと言い、多恵子は渋々これを認める[1]

男女のすれちがいや三角関係を盛り込み[2]、窮状の中でもたくましく生きて自立しながらも、夫との撚りを戻そうと模索する多恵子の姿を中心に明るいタッチで描いた[1]。女友達の睦子と和代らと明け透けに男性を批評しながらカラオケに興じるシーンは、本作の名物とも言われた[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1980年
1月10日
ある日、突然に 森崎東
桃井章
桜井秀雄
2 1月17日 淋しくありませんか
3 1月24日 ひとつ屋根の下で 桃井章
4 1月31日 最初はじめの言葉 森田光則
5 2月7日 頬にかかる涙 森崎東 桜井秀雄
6 2月14日 時の流れのなかで
7 2月21日 限りなき抱擁 森田光則
8 2月28日 愛、はてしなく 桃井章 桜井秀雄
9 3月6日 誰もいない街で 森崎東
10 3月13日 あなたが、欲しい 森田光則
11 3月20日 悲しき人形たち 桜井秀雄
12 3月27日 告白の章
13 4月3日 愛のうた

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(それぞれ1980年1月10日~1980年4月3日)、週刊TVガイド 1980年1月11日号~1980年4月4日号、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)「逢いたくて」の項目
  2. ^ 週刊TVガイド 1980年3月14日号 p.27
  3. ^ 週刊TVガイド 1980年2月22日号 p.117
TBS 木曜座
前番組 番組名 次番組
オレンジ色の愛たち
(1979.10.11 - 1979.12.27)
逢いたくて
(1980.1.10 - 1980.4.3)
離婚ともだち
(1980.4.10 - 1980.7.3)