半保護されたページ

逢沢りな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
あいざわ りな
逢沢 りな
生年月日 (1991-07-28) 1991年7月28日(29歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 163 cm[1]
血液型 O型
職業 女優ファッションモデル
グラビアモデル
活動期間 2007年 -
活動内容 映画テレビドラマ舞台
事務所 ボックスコーポレーション
主な作品
テレビドラマ
炎神戦隊ゴーオンジャー
テンプレートを表示

逢沢 りな(あいざわ りな、1991年7月28日 - )は、日本女優女性ファッションモデルグラビアモデル

大阪府生まれ、東京都出身。ボックスコーポレーション所属。

来歴

大阪府生まれ。幼稚園の年長の時に東京に引っ越してきた[2]

2006年夏にスカウトされて芸能界入り[3][4]原宿でスカウトされた際は、面接で「芸能界には興味がない」などと答え落とされる。しかし、興味なしと言いつつも本人はそこそこ受かる自信があったため、悔しく思い、再び面接を受ける決意をする。その矢先の同年9月、千葉県船橋市にあるショッピングモールで家族と買い物しているところを現在の事務所からスカウトされ面接にも合格する。高校受験のため、デビューは高校に入学してからとなった。

2008年、スーパー戦隊シリーズ炎神戦隊ゴーオンジャー』に楼山早輝・ゴーオンイエロー役で出演。同番組では共演者の杉本有美及川奈央と共に期間限定のアイドルユニット「G3プリンセス」を結成している。また、「第87回全国高等学校サッカー選手権大会」の応援マネージャーに就任[3]

2009年10月に初めて週刊プレイボーイの表紙を飾って以降、女優業の他にグラビア活動を行って多くの映像・写真作品を残す。

2012年、『ぼくの夏休み』に出演[5]

2013年以降は、グラビア活動から引退し、女性誌『MORE』(集英社)の専属モデルに抜擢されファッションモデルとしての活動に軸足を移す。2017年にはモグラブームに伴いグラビア活動を再開し[6]、「モグラ女子のレジェンド」と称されている[7]

2017年に出演した『クズの本懐』(FODフジテレビ)では、大胆な濡れ場を演じたことで話題になった[8]

2019年には二か月間、中国北京台湾台北に語学留学をした[9]

人物

出演

テレビドラマ

テレビ番組

映画

舞台

webドラマ

オリジナルビデオ

アニメ

CM

PV

スチール

その他

書籍

雑誌連載

作品

CD

DVD

写真集

  • 炎神戦隊ゴーオンジャー写真集 マッハ全開!(2008年8月2日、一迅社)ISBN 978-4758011174
  • G3プリンセスビジュアルBOOK―『炎神戦隊ゴーオンジャー』公式本(Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)(2008年10月1日、Gakken)ISBN 978-4056052961
  • 炎神戦隊ゴーオンジャーキャラクターブック Let's GO ON!!!!(TOKYO NEWS MOOK 138号 TVガイドMOOK)(2009年2月5日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360426
  • Rina(2009年7月25日、ワニブックス、撮影:細居幸次郎)ISBN 978-4847041846
  • Welina -a girl’s memory in her teens-(2011年4月21日、集英社、撮影:細野晋司)ISBN 978-4087806038
  • 人魚(2011年12月19日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)ISBN 978-4847044168
  • aBUTTON Vol.6_自由(2012年2月3日、PARCO出版 / ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント)

デジタル写真集

  • 週プレnet スペシャル写真集『駆け抜けて、青春。』(2009年9月、集英社、撮影:川島小鳥
  • 週プレnet Extra 『Sweet 18 Blues』(2010年5月、集英社、撮影:川島小鳥)
  • 週プレnet スペシャル写真集『天使ちゃん』(2010年10月、集英社、撮影:川島小鳥)
  • 週プレBook 『ミニスカートと白ビキニ』(2011年7月13日、集英社、ケータイ週プレ写真集)
  • 月刊PLUS 逢沢りな Vol.1(2011年7月25日、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信、撮影:細居幸次郎
  • 月刊PLUS 逢沢りな Vol.2(2011年8月25日、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信、撮影:細居幸次郎)
  • 月刊PLUS 逢沢りな Vol.3(2011年9月25日、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信、撮影:細居幸次郎)
  • 週プレnet スペシャル写真集『さよなら、美少女』(2011年9月、集英社、撮影:川島小鳥)
  • 週プレnet Extra 『光と影のバラッド』(2012年4月、集英社、撮影:川島小鳥)
  • 逢沢りなデジタル写真集『Colorful Days』(2012年8月、メディアシーク)
  • 週プレnet スペシャル写真集『女優の性』(2013年2月、集英社、撮影:中村昇
  • 週プレBook 『初艶』(2013年5月31日、集英社、ケータイ週プレ写真集)
  • MOREデジタル写真集『24歳のナツヤスミ』 (2016年6月28日、集英社、撮影:中野佑美)
  • 週プレnet スペシャル写真集『伝説の美少女』(2017年1月、集英社、撮影:熊谷貫)
  • 週プレnet Extra 『さよなら清純』(2017年3月、集英社、撮影:熊谷貫)
  • MOREデジタル写真集『サマー・タイム・ロマンス』 (2017年7月3日、集英社、撮影:尾身沙紀)
  • 週プレnet スペシャル写真集『青春の輝き』(2018年10月、集英社、撮影:川島小鳥)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ K-POPグループ・SHINeeの10年来のファン[15]

出典

  1. ^ 逢沢りな - BOX CORPORATION
  2. ^ BOMB』2011年2月号、学研パブリッシング、2011年。
  3. ^ a b c d 逢沢りな. 美少女Interview vol.2 「逢沢 りな」. インタビュアー:高倉文紀. Next CM Girls.. http://www.cm-girls.jp/ng_interview_display.php?id=2 2013年4月19日閲覧。 
  4. ^ a b c 逢沢りな. ゴーオンジャーInterview 09「逢沢 りな」. (インタビュー). 東映ヒーローネット.. http://www.toeihero.net/archive/noa/go-on/21.shtml 2013年4月19日閲覧。 
  5. ^ 逢沢りなさん [望月知佳役)インタビュー ぼくの夏休み”. 東海テレビ (2012年8月24日). 2019年11月29日閲覧。
  6. ^ モデルプレス (2017年2月22日). “逢沢りな、4年ぶりグラビア復帰の理由 美ボディ&美脚の秘訣は?海外進出にも意欲<モデルプレスインタビュー>”. 2020年11月28日閲覧。
  7. ^ オリコンニュース (2018年10月2日). “逢沢りな、10周年の節目に原点への旅 韓国・釜山を舞台に制服姿を披露”. 2020年11月28日閲覧。
  8. ^ 逢沢りな“濡れ場”&“クズ悪女”ぶりが「圧倒的いやらしさ」『クズの本懐』が超展開”. テレビドガッチ (2017年2月25日). 2019年11月25日閲覧。
  9. ^ モアモデル逢沢りなの中国語留学体験記! 「仕事を休んでも海外留学してよかった理由」とは?| MORE”. 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ a b 逢沢りな. 「逃げないし、すぐに立ち直る!早輝は前向きです!」. (インタビュー). 炎神戦隊ゴーオンジャー.. http://www.tv-asahi.co.jp/go-on/contents/special/0006/index.html 2013年4月19日閲覧。 
  11. ^ 逢沢りな (2009年1月9日). 【ブレイク寸前】“がんばれ、サッカー部!”今年の高校サッカーの顔、逢沢りなにインタビュー. (インタビュー). 日経トレンディ.. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090107/1022547/?P=4 2013年4月19日閲覧。 
  12. ^ BLOG | 卒業。 | 岡本玲 オフィシャルウェブサイト”. 2011年4月1日閲覧。
  13. ^ ニフティニュース (2020年7月20日). “約5年間の沈黙を破り活動再開! 女優・小池唯が語る海賊戦隊ゴーカイジャー「初めて自分の映像を見た時は、これで地球を守れるのかなって心配になりました」”. 2020年11月28日閲覧。
  14. ^ モデルプレス (2017年2月21日). “逢沢りな「クズの本懐」濡れ場&悪女ぶりが話題…過激シーンの裏側「とてもヒヤヒヤ」桜田通とのオーディション話も<モデルプレスインタビュー>”. 2020年11月28日閲覧。
  15. ^ 内田理央「ウソでしょ!?」 逢沢りな、ダンススクールに2年通うもずっと「入門クラス」!?”. radiko news(ラジコニュース) (2021年4月18日). 2021年5月20日閲覧。
  16. ^ デビュー10周年の女優・逢沢りながカメラマン・川島小鳥とのタッグで、1年半ぶりに撮り下ろしグラビア!”. 週プレNEWS. 集英社 (2018年10月2日). 2021年5月20日閲覧。
  17. ^ メンズサイゾー (2016年6月6日). “逢沢りな、華麗なる変身で話題に! 生足美脚あらわなドレス姿で大人の魅力発揮”. 2016年10月29日閲覧。
  18. ^ メンズサイゾー (2017年3月27日). “「清楚系ビッチ」役で話題の逢沢りな、妖艶なランジェリーグラビア! 本格ブレイクの機運高まる”. 2020年3月29日閲覧。
  19. ^ 『週刊プレイボーイが撮り続けてきた 美しきスーパー戦隊ヒロインたち』”. 週プレNEWS (2020年8月2日). 2020年12月27日閲覧。
  20. ^ 大!天才てれびくん ドラまちがい 全4話。
  21. ^ オリコンスタイル (2013年12月18日). “テレビ史上初! 視聴者参加型マッチング番組がイブに放送”. 2013年12月27日閲覧。
  22. ^ 福岡ウォーカー (2014年3月7日). “博多発、新感覚のテレビ番組「博多ステイハングリー」スタート!”. 2014年3月25日閲覧。
  23. ^ SANSPO.COM (2015年11月4日). “「牡丹と薔薇」が昼ドラで再び!第2次ボタバラブームやってくるか”. 2015年11月4日閲覧。
  24. ^ オリコンスタイル (2016年5月14日). “逢沢りな、『昼のセント酒』初の女性ゲストが登場”. 2016年5月22日閲覧。
  25. ^ “逢沢りな、ドラマ初主演 “肉食女子”ならぬ“肉食べ女子”に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2105481/full/ 2018年2月9日閲覧。 
  26. ^ 宇宙船』第132号、ホビージャパン、2011年。
  27. ^ フィギュア王』第161号、ワールドフォトプレス、2011年。
  28. ^ 2012年2月25日 - 3月2日、下北沢トリウッドレイトショー公開 BAD女(ガール) Movie Walker
  29. ^ 一部地域限定公開 公式HP劇場情報
  30. ^ 逢沢りな、春奈るな、菊井彰子、徳井青空、菱沼康介監督が出演!映画「フジミ姫」上映イベント開催!”. livedoor NEWS (2013年9月4日). 2013年9月10日閲覧。
  31. ^ “逢沢りな、春奈るなの初アクションを「私より上手かった!」と絶賛”. マイナビニュース. (2013年9月8日). http://news.mynavi.jp/news/2013/09/08/039/ 2017年3月22日閲覧。 
  32. ^ billboard japan (2013年10月8日). “高杉さと美 福山雅治、スピッツ、平井堅カバーでドラマMVに挑戦”. 2013年12月18日閲覧。
  33. ^ アニメ! アニメ! (2014年1月29日). “逢沢りなが美雪役 「金田一少年の事件簿」がFROGMANの新企画「チャンネル5.5」とコラボアニメ”. 2014年2月13日閲覧。