連敗記録 (大相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

連敗記録(れんぱいきろく)は、大相撲本場所において、勝つことなく黒星を重ね続けた記録である。

本項では、引き分け預りなどを挟まない昭和以降の記録を掲載する。

連敗記録[編集]

歴代連敗記録[編集]

  • 2021年7月場所13日目時点、20連敗以上を記載。
  • 力士名の太字は現役
  • 期間の太字は本割での初取組
  • 連敗前(停止後)の最高位は連敗が開始(停止)した場所で在位した分も含む
順位 力士名 連敗数 期間 停止理由

(勝った相手)

連敗前の最高位 停止後の

最高位

1位 服部桜太志改め勝南桜聡太[1] 104 2019年(平成31年)1月場所12日目~継続中 序ノ口18 [2]
2位 服部桜祥多改め服部桜太志[3] 89[4] 2016年(平成28年)5月場所7日目~2018年(平成30年)7月場所3日目 颯雅[5] 東序ノ口18 東序ノ口9
3位 森川勇樹[6] 32 2003年(平成15年)7月場所4日目~2004年(平成16年)3月場所10日目 日爪 東序ノ口39 西序二段56
4位 平松秀朗[7] 31 1975年(昭和50年)7月場所12日目~1976年(昭和51年)5月場所1日目 比嘉 東序ノ口19 東序二段40
高岸浩二[8] 1978年(昭和53年)5月場所1日目~1979年(昭和54年)1月場所7日目 峰乃郷 前相撲 西序二段32
佐野勝彦[9] 1984年(昭和59年)5月場所1日目~1985年(昭和60年)1月場所5日目 不明 前相撲 西序ノ口5
7位 佐世保山[10] 29 1950年(昭和25年)9月場所1日目~1951年(昭和26年)5月場所2日目 不明 前相撲 幕下25
8位 杉下翼 27 2006年(平成18年)9月場所3日目~2007年(平成19年)3月場所13日目 引退 東序ノ口37 [11]
9位 山口山利浩 25 1988年(昭和63年)5月場所7日目~1988年(昭和63年)11月場所13日目 引退 西序ノ口57 [12]
佐藤貴宏[13] 2000年(平成12年)5月場所2日目~2000年(平成12年)11月場所14日目 引退 前相撲 [14]
11位 服部桜太志[15] 23 2018年(平成30年)7月場所5日目~2019年(平成31年)1月場所8日目 峰雲 東序ノ口18 東序ノ口9
富士東和佳[16] 2020年(令和2年)7月場所14日目〜2021年(令和3年)1月場所13日目 徳之武藏 西前頭4 東幕下13
13位 服部桜祥多[17] 22 2015年(平成27年)11月場所2日目~2016年(平成28年)5月場所3日目 澤ノ富士 前相撲 東序ノ口9
14位 五ツ海義男 21 1949年(昭和24年)9月場所5日目~1950年(昭和25年)1月場所10日目 山口[18] 小結 東前頭7
利根ノ里 1954年(昭和29年)3月場所2日目~1954年(昭和29年)9月場所10日目 不明 西序二段1 西序二段18
双ツ龍徳義 1960年(昭和35年)9月場所10日目~1960年(昭和35年)11月場所15日目 引退 東前頭1
立村本隆[19] 1992年(平成4年)11月場所2日目~1993年(平成5年)3月場所13日目 琴東山 西序ノ口44 東序ノ口11
前川政宏[20] 2004年(平成16年)11月場所4日目~2005年(平成17年)3月場所14日目 岩永 前相撲 東序二段6
19位 隆の鶴伸一 20 2006年(平成18年)3月場所2日目~2006年(平成18年)5月場所11日目 引退 西前頭8
渡辺太志[21] 2012年(平成24年)9月場所千秋楽~2013年(平成25年)3月場所9日目 松葉山 東幕下13 西三段目18[22]

備考[編集]

  • 高岸は前相撲を含め42連敗の記録あり。
  • 杉下は不戦勝1を挟み41連敗、前相撲も含め46連敗の記録あり。
  • 五ツ海は不戦勝1を挟み24連敗、不戦敗も含め25連敗の記録あり。
  • 立若(本名渡辺直生、立浪部屋)は前相撲を挟み21連敗、前相撲も含め25連敗の記録あり。
  • 男岩(本名の姓は菊地、所属部屋は不明)は番付外、前相撲(全休)を挟み22連敗の記録あり。
  • 服部桜は前相撲も含め25連敗の記録もあり。
  • 横綱在位中に限ると、稀勢の里の8連敗(不戦敗2を含め10連敗)が最多。

脚注[編集]

  1. ^ 記録継続期間の2021年1月場所より改名
  2. ^ 2021年3月場所の前相撲が行われなかった関係上、記録継続期間中に最高位(東序ノ口9)を更新した
  3. ^ 1位の服部桜太志改め勝南桜聡太と同一の力士。記録継続期間の2016年11月場所より改名
  4. ^ 大相撲、歴代ワースト89連敗の服部桜、令和の初戦は…朝日新聞デジタル
  5. ^ 非技(腰砕け)での勝利序ノ口・服部桜、連敗89で止める 相手の「腰砕け」で朝日新聞デジタル
  6. ^ 後に森麗(一時期は勇竜)と改名、大鵬部屋のち大嶽部屋
  7. ^ 後に瀬戸の海に改名、伊勢ヶ濱部屋
  8. ^ 後に立湖に改名、立浪部屋
  9. ^ 休場1を挟む、二所ノ関部屋
  10. ^ 後に佐賀錦に改名、二所ノ関部屋
  11. ^ 連敗開始場所で1勝を挙げた関係上、記録継続期間中に最高位(東序ノ口30)を更新した
  12. ^ 連敗開始場所で1勝を挙げた関係上、記録継続期間中に最高位(西序ノ口38)を更新した
  13. ^ 休場3を挟む、湊部屋
  14. ^ 序ノ口人数の推移の関係上、記録継続期間中に最高位(東序ノ口36)を更新した
  15. ^ 1位の服部桜太志改め勝南桜聡太と同一の力士。
  16. ^ 休場15を挟む。
  17. ^ 1位の服部桜太志改め勝南桜聡太と同一の力士。休場1を挟む。
  18. ^ 不戦勝
  19. ^ 後に伏見山に改名、立浪部屋
  20. ^ 後に大広星に改名、朝日山部屋
  21. ^ 後に貴麻衣に改名、貴乃花部屋
  22. ^ 連敗開始場所で4勝を挙げ勝ち越した関係上、記録継続期間中に最高位(西幕下7)を更新した

関連項目[編集]