連環 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

連環』(れんかん)は、松本清張長編小説。『日本』(1961年1月号 - 1962年10月号)に連載され、1962年11月に講談社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

1983年にテレビドラマ化されている。

概要[編集]

印刷屋勤務から出版社社長となった男の、野心と欲望の顛末を描く、長編ピカレスク・サスペンス。

あらすじ[編集]

東京から都落ちし、地方の印刷屋に勤めた笹井誠一は、東京に戻るべく、ひそかに陰謀をめぐらす。計画実行の手段として、笹井は主人の妻・滋子を籠絡し、さらに愛人の藤子をも誘惑する。

首尾よく東京に復帰した笹井は、滋子の金を使い神田に出版社を設立、猥褻本の地下出版で儲けに出る。しかし、滋子が無一文になったと知るや否や、笹井は第二の殺人に乗り出す。野心と欲望のままに突っ走る笹井を取り巻く運命の連環とは?

主な登場人物[編集]

小説の舞台となる鋸山の頂上
  • 原作における設定を記述。
笹井誠一
大学を卒業して3年後、会社を首になり、地方の印刷屋にすべり込んだが、東京に戻るため、ひそかに野心を抱く。
下島滋子
下島豊太郎の妻。ぼんやりした性格。
下島豊太郎
印刷屋「南栄堂」の主人。
下島一郎
滋子の息子。5歳。身体に比べ、顔が不釣合いに大きい。
上田藤子
下島豊太郎の愛人。
和久田稔
東京で笹井と同じアパートに住む、高級な雰囲気の男。
笠山常夫
南栄堂の職長。学歴は低いが、カンは鋭い。
宇都宮早苗
笹井の設立した出版社に、事務員として採用された若い女性。

関連項目[編集]

テレビドラマ[編集]

松本清張の連環
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『連環』
脚本 吉田剛
監督 齋藤武市
出演者 片平なぎさほか
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年6月4日
放送時間 21:02 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場

松本清張の連環」。1983年6月4日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-22:51)にて放映。視聴率20.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

原作を裏返しにし、原作ではラストに判明する真相を、最初から明かした上で展開するストーリーとなっている。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張の連環
(1983.6.4)
誰もが信じられない!
(原作:笹沢左保
(1983.6.11)