連載小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

連載小説(れんさいしょうせつ)は、1つの主題による作品を複数回に分けて発表し続ける小説の形式。

長編小説などがこの形態をとることがある。また、この分野は雑誌新聞ウェブサイト・携帯メールなど、発表する際のメディアの形態に依存することも多い。この分野で発表される作品には名作も数多く見られる。代表としては戦前に新聞連載された吉川英治宮本武蔵』など。

欧米の連載小説[編集]

19世紀、小説の発表形式には最初から書籍として発表する場合、雑誌連載あるいは新聞連載で後に書籍とする場合、月刊分冊(monthly parts)の場合があった[1]

特にフランスでは新聞連載の小説は「ロマン・フィユトン」と呼ばれ大衆小説を担っていた[2]

日本の連載小説[編集]

新聞連載小説の嚆矢とされるのは、明治時代小説家、前田香雪が1875年(明治8年)に発表した『岩田八十八の話』であるとされる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 英国の本の世界 ホーンブックからペーパーバックまで”. 鶴見大学図書館. 2020年1月13日閲覧。
  2. ^ 古書山たかし『怪書探訪』東洋経済新報社、2016年、275頁。
  3. ^ 《岩田八十八の話》