連邦政治教育センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボンにある建物

連邦政治教育センター (: Bundeszentrale für politische Bildung; bpb) は、1952年11月25日連邦祖国奉仕センター (: Bundeszentrale für Heimatdienst) としてドイツ連邦共和国(西ドイツ)に設立され[1]1963年に現在の名前に改称した。ナチス時代の反省から作られ、民主主義の教育を行うことを目的としている。管轄はボンに拠点を構えるドイツ連邦内務省ドイツ語版である。ボンベルリンではメディアセンターも運営している。2000年6月からはトーマス・クリューガードイツ語版が理事長を務めている。

責務[編集]

1997年5月26日の「ミュンヘン・マニフェスト」で、政治教育センターの目的が具体化され、「2001年1月24日連邦政治教育センターに関する条例」第2条で次のように業務内容が定義された。

連邦センターは次のような責務を持つ。政治教育策によって政治状況を理解するよう支援し、民主主義的意識を強固にし、政治的な共同作業をする準備を整えることである。[2]

第6条では、政治的に均衡の取れた姿勢が取れているかどうか、連邦センターの業務が持つ政治的な効果はどうなっているのかは、ドイツ連邦議会の22人のメンバーからなる理事会がコントロールすることが定められている。

脚注[編集]

  1. ^ Pressetext des offiziellen Festakt zu 50 Jahre bpb
  2. ^ Erlass über die Bundeszentrale für politische Bildung vom 24. Januar 2001

参考文献[編集]

  • Benedikt Widmaier: Die Bundeszentrale für politische Bildung. Ein Beitrag zur Geschichte staatlicher politischer Bildung in der Bundesrepublik Deutschland. Magisterarbeit. Universität Heidelberg. In: Beiträge zur Politikwissenschaft. 35. Lang, Frankfurt am Main 1987, ISBN 3-8204-1122-4.

座標: 北緯50度43分40秒 東経7度6分33秒 / 北緯50.72778度 東経7.10917度 / 50.72778; 7.10917