週刊さんまとマツコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
週刊さんまとマツコ
WEEKLY SANMA AND MATSUKO
ジャンル バラエティ番組 / トーク番組
構成 桜井慎一
ほか
ディレクター 坂上祐生
ほか
演出 吉野真一郎
高橋敬治
マイアミ啓太
出演者 明石家さんま
マツコ・デラックス
ナレーター 矢崎由紗
(2021年4月18日〜6月20日、7月11日〜)
今川柊稀
(2021年6月27日〜7月4日〈矢崎の代役〉)
豊田綾乃(TBSアナウンサー)(2021年7月11日〜)
エンディング ピチカート・ファイヴ東京は夜の七時
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
江藤俊久[1]
プロデューサー 井上整(担当P)
製作 TBSテレビ
放送
放送局TBS系列
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ2音声
副音声による解説放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年4月18日 -
放送時間日曜 18:30 - 19:00
放送分30分
公式サイト
テンプレートを表示

週刊さんまとマツコ』(しゅうかんさんまとマツコ)は、2021年4月18日からTBS系列で放送されているトークバラエティ番組[1]明石家さんまマツコ・デラックス冠番組。略称は「さんマツ[2]

概要[編集]

番組は、全世代の国民から圧倒的な支持と知名度を誇る明石家さんまマツコ・デラックスの二人がお互いの「知られざる顔」「新しい魅力」を引き出すべく、ある時は、お互いを「会わせたい人」のもとへ。ある時は、スタッフが提案する「二人が行ったら面白いことが起こりそうな場所」へ。またある時は、お互いが「見てみたい相手の一面」を提案し合うなど、型に収まらずに思う存分しゃべり倒すことを目指すトーク番組[3][4][5]

明石家さんまがTBSテレビにレギュラー番組を持つのは『さんまのSUPERからくりTV』以来約6年ぶり、明石家さんまとマツコ・デラックスが番組で共演するのはマツコが2020年9月に降板した『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列)以来となる[4]

番組開始のきっかけが『ホンマでっか!?TV』でマツコが降板する際に、マツコ側から「なにか一緒にやりたい」という希望が発端であり、「どっかで何かやる?」という会話になったが、マツコが『さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』や『明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ』、『マツコの知らない世界』と2人の番組をそれぞれ手がけた縁のあるTBSテレビコンテンツ制作局バラエティ制作二部のチーフプロデューサーである江藤俊久をディレクターに指名したことから話が進み、さんまが吉本興業を介さずに直談判し、すぐに番組として開始した経緯がある[1][6][7]

初回収録ではさんまが磯野波平、マツコがフグ田サザエと裏番組である『サザエさん』(フジテレビ系列)の登場人物にそれぞれ扮装し、二人のトークが繰り広げられた[8][9]

出演者[編集]

放送リスト[編集]

2021年(令和3年)
話数 放送日 企画 ゲスト 備考
#1 4月18日 楽屋での様子を観察 今田耕司蛍原徹、(宮川大輔[注釈 1]
#2 5月2日 約半年ぶりの再会!
#3 5月17日 お弁当対決! 前編
#4 5月23日 お弁当対決! 完結編
#5 5月30日 芸能人ランキング
#6 6月6日 TBSで初共演!伝説の番組を振り返る 真島茂樹山咲トオル
#7 6月13日 真剣!?お悩み相談 野村彩也子かみちぃ
#8 6月20日 マツコのかわいい動画を撮ってみた Paraviでの配信は無し。
#9 6月27日 TBS男性アナウンサーがさんまマツコにお悩み相談 国山ハセン渡部峻

スタッフ[編集]

  • 構成:桜井慎一、坂田至、松本智子、塩野智章、八代丈寛、大井達朗・オークラ大井洋一、永井ふわふわ
  • ナレーション:矢崎由紗(2021年4月18日〜6月20日、7月11日〜)、今川柊稀(2021年6月27日〜7月4日、9月12日)
  • TM:鈴木博之
  • TD:大蔵聡
  • カメラ:徳武正裕
  • VE:久保澤知史、青木孝憲
  • 音声:松浦絵里、和田良介
  • 照明:半田圭
  • CG:大森清一郎
  • イラスト:吉田友和
  • 編集:内海大助、上原一樹
  • MA:的地将、清水佑莉
  • 音効:西方裕弥
  • 美術プロデューサー:清水久
  • 美術デザイナー:郭洙延
  • 美術制作:半田裕記、浅野美幸
  • 装置:相良比佐夫
  • 操作:前野博幸
  • 装飾:川原栄一
  • アクリル装飾:青木剛
  • 電飾:伊吹英之
  • 衣装:渥美智恵
  • メイク:田中智子
  • メイク協力:梅原恵里
  • 衣装協力:山田かつら
  • 編成:寺田淳史
  • 宣伝:小林恵美子
  • TK:福田美由紀
  • デスク:渡辺香織
  • AD:新堀愛理、名護谷瑞貴、栗原悠希、麻沼理紗子、馬場百伽、田中玲那、手塚由実、田名瀬駿、池川沙枝美、願法健、河西良介、堂本恭平、堤葵祈
  • 制作進行:穴井里加子
  • AP:高橋理恵、門脇衣良、岡田実樹
  • ディレクター:坂上祐生、山嶋将義、古川文彦、渡辺剛、田中竜登、益田洋平、今村光宏(シオプロ)、大野和幸、三浦翔、山崎亮、崎谷英蘭
  • 担当プロデューサー:井上整、細谷知世、前田美和、坪井理紗(EpocL)、中附智貴、相場優衣子
  • 演出:吉野真一郎(neo)、高橋敬治、マイアミ啓太(MOOOVE)
  • CP:江藤俊久
  • 制作協力:neo、EpocL、MOOOVE
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局バラエティ制作二部
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:橋詰知久(2021年8月15日)
  • AP:近野成美
  • プロデューサー:篠塚純(2021年4月18日~2021年7月4日)

ネット局[編集]

本番組はネット局全局、番組のテロップにてアナログ時計による時刻表示を行っている[注釈 2][注釈 3]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 遅れ
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 日曜 18:30 - 19:00 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

ネット配信[編集]

配信元 更新日時 備考
Paravi 毎週日曜 19:00 更新 サブスクリプション方式、原則毎週最新話が追加
TVer 最新話限定で無料配信
GYAO!

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 3人は「炎の体育会TV」の収録時間が同じことからさんまの楽屋に出演。なお、宮川は同時間帯に「博士は今日も嫉妬する 人生が楽しくなる最新テクノロジー」(日本テレビ)に出演しているため、顔を隠し、声のみで出演した。
  2. ^ 番組名のロゴと一体化しているため、テロップが消えると時刻表示も消える。なお提供クレジット(全画面)時はテロップが左右縦表示になり、アナログ時計は左下に表示される。
  3. ^ TBS系列の時刻表示は番組送出(ネット送出)を行わない運用ルールから各局ごとのローカル送出を基本とするため、このような番組送出の時刻表示は珍しい。

出典[編集]

  1. ^ a b c さんま&マツコでTBS新番組 業界注目、サザエさん同時間バラエティー”. 日刊スポーツ (2021年4月18日). 2021年4月19日閲覧。
  2. ^ 番組内でのさんまの発言より。
  3. ^ TBS春改編で「週刊さんまとマツコ」開始、バナナマンのグルメ番組は日曜朝にも”. お笑いナタリー (2021年2月16日). 2021年4月19日閲覧。
  4. ^ a b “さんま&マツコ、TBS新番組で再タッグ さんまは“6年ぶり”TBSレギュラー”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年2月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2184651/full/ 2021年4月19日閲覧。 
  5. ^ “『週刊さんまとマツコ』きょうスタート! おしゃべり怪獣たちがしゃべり倒す”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年4月18日). https://news.mynavi.jp/article/20210418-1873794/ 2021年4月19日閲覧。 
  6. ^ “さんま マツコの卒業は「5年前から」申し入れ TBS新番組にフジが「悔しい」と”. デイリースポーツ Online (株式会社デイリースポーツ). (2021年4月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/04/18/0014252775.shtml 2021年4月19日閲覧。 
  7. ^ “マツコ、昨今のテレビ事情に本音「言葉に詰まるようになってきた」”. テレビドガッチ (株式会社TVer). (2021年4月19日). https://dogatch.jp/news/tbs/96004/detail/ 2021年4月19日閲覧。 
  8. ^ “さんま&マツコ新番組、初回いきなり“裏かぶり” コスプレで「サザエさん」リスペクト!?”. スポニチ Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2021年4月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/18/kiji/20210418s00041000653000c.html 2021年5月17日閲覧。 
  9. ^ “さんまが波平、マツコがサザエ「これはダメ」裏番組意識?コスプレで登場”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105020000987.html 2021年5月17日閲覧。 
TBS系列 日曜18:30 - 19:00
前番組 番組名 次番組
坂上&指原のつぶれない店
※18:30 - 20:00
(2019年4月14日 - 2021年3月21日)
【30分縮小して継続】
週刊さんまとマツコ
(2021年4月18日 - )
-