週刊テレビ広辞苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

週刊TV広辞苑』(しゅうかんテレビこうじえん)は、1988年4月4日から1989年3月20日までよみうりテレビが毎週月曜 25:10 - 25:40 に放送していたコントバラエティ番組

概要[編集]

槍魔栗三助(現・生瀬勝久)や上海太郎らがコントを行っていた深夜番組。大学の学園祭で出張ライブを行い、その模様を放送したこともある。

関西ローカルの低予算番組だったが、後に日本テレビでも毎週月曜 26:05 - 26:35 に半年遅れで放送された。関東では当初、千葉テレビで途中まで放送されていたが、後に日本テレビで最初から放送しなおされた。

番組の終了後も、ほぼ同じ出演者、同じ時間帯で『現代用語の基礎体力』、『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』と続き、シリーズ化していった。

構成[編集]

出演者には劇団そとばこまちらの劇団員を主に起用。スタッフには放送作家の倉本美津留などが参加していた。

番組は毎週50音のなかの1つの音を50音順にテーマにし、その音で始まる単語をモチーフとしたコントを披露。当然放送第1回目では「あ」の付く言葉がテーマで、単語は「アリバイ」だった。最終回の1つ前の放送では「わ」の付く言葉をテーマにしていた。コントの始めでタイトルを表示する際に、岩波書店の『広辞苑』から引用したと思われる言葉の解説が加えられていた(ただし、『広辞苑』に載っていない単語もある)。

番組コンセプトは「ハイパーインテリジェンスギャグTV」 (Hyper Intelligence Gag TV)。

オープニングは、「あ」〜「の」までは該当する「五十音」の週に因んだもの(例:「え」エクトプラズム:プラズマを吐く男の映像)を映し出し、その週の「音」を印象つけ、単語にちなんだ1 - 2つのコントを行った後、正式なオープニングに入るという方式だった。「あ」 - 「の」まではアブストラクト(抽象的)な地球儀が回転しながらキャストのテロップが流れる単調なものであったが、「は」 - 「ん」では最初にミニコントが入り、その後ローリング・ストーンズの曲(Jumpin' Jack Flash)に乗せ、キャストのテロップが流れるようになった。そして、今週のテーマである単語に因んだ模型や映像(例:「ま」麻雀パイで「ま」という文字を作り上げる映像が流される)その週の「音」を印象づけ、その後に単語紹介によるコントの本編に入るという流れになった。

エンディングテーマは、ウィルソン・ピケットで有名な「ダンス天国」のインストやバングルスの「冬の散歩道」であった。初期のエンディングでは女性の口元がアップで映され、「あいうえお…わをん…んーん」と色っぽい声で五十音を発していた。しかし、「は」行からはNGシーンをバックにスタッフテロップを流す形式に変更された。

また、2行(例えば、「あ」行と「か」行)の終了ごとに総集編を放送していた。タイトルも「別冊」や「号外」や「増刊」などのサブタイトルが付けられており、内容は2行ごとのコント内容をランキング形式で紹介したり、蘊蓄マンが大学の学園祭・須磨海岸に赴き、「輝け!蘊蓄マン大賞グランプリ」なるものをも開催(内容は2行にある10の漢字を読ませて完全制覇したものが勝者になるというもの。レヴェルも初級・中級・上級と用意されていた。優勝者(上級完全制覇者)にはトロフィーが授与された。また、初級には番組ステッカー、中級には地球儀型番組特製ビーチボールが進呈されていた)。また、蘊蓄マンが四字熟語に因んだギャグ講演した内容も放送されていた(例えば:一石二鳥 → 第一志望は石川大学(※石川大学は実在しないが、石川県立大学が実在する)で、第二志望は鳥取大学だな)。そして、没になったお蔵入りコントの紹介も行われていた(例・千番に一番の兼ね合い)。この総集編バージョンは計4回放送され、MCはいずれもひさうちみちおが担当した。

最終回については、当初「ん」で始まる言葉を予定していたが、「んなアホな」「んちゃ」(アラレちゃんの挨拶語)程度しか思いつかなかったこともあり、最終回1時間スペシャルとして総集編を放送した。最終回のオープニングは「ん」の文字が爆発するものであった。

シリーズコント[編集]

「〜づくし」シリーズ
槍魔栗三助、上海太郎、みやなおこのいずれか2人が登場。テーマに沿った扮装をして駄洒落漫才をする。例えば妖怪というお題で上海が鬼太郎、生瀬がねずみ男に扮し「風邪をひいた」という会話の中に、妖怪の名前を入れていくというもの(鬼:この薬どこにぬりかべ?、ね:ろくろ首)。
  • 薬の名前づくし
  • ビートルズの曲名づくし
など。
「〜恐怖症」シリーズ
静電気をとても過剰に、しかもコミカルに嫌がる「静電気恐怖症」などがあった。最後は「○○恐怖症…恐ろしい…」のナレーションで締めくくった。
「早まるなぁ〜!!」シリーズ
2人の妙な距離間やこだわりが可笑しいコント。基本的に台詞より動作で表現していく。ブロッコリ哲が街角で立ち読みなどして「いいなぁ…○○したいなぁ…」などとつぶやきながらぶらついている一方で、上海太郎が例:銭湯に入場するが、「お気に入りの番号のロッカー」が空いていない事を、打ち震えながらまるで「運が悪かった」とばかりに悲観して、包丁(常に持参)を取り出し切腹を試みる。それを察知したブロッコリ哲(例:書店で立ち読み中など、全く違う場所にいる)が「これはまずい」とばかりに駆けつけようと走り出す。そして上海太郎が自らの腹に包丁を突きたてようとしたその瞬間、お目当てのロッカーが空いて一転、晴れやかな表情で自殺を思いとどまり、めでたく「こだわりが故のストレス状態」を脱する。また、駆けつける途中であったブロッコリ哲も、何故かそれをも察知して「世話が焼ける」といった風な安堵の表情で駆けつけるのを止め、立ち読みなどを再開する。このようなことを数度繰り返した後、結局切腹してしまうというオチ。『未来警察ウラシマン』のアイキャッチの曲が流れると表情が一変し、「早まるなぁ~!!」と叫びながら走り出すブロッコリ哲、しかしその先にはナイフで腹を刺すなどして自殺を図った上海太郎が倒れており、その亡骸の前で一言「間に合わなかったかぁ~…」というパターン。
「現代の匠(たくみ)」シリーズ
陶芸家書家といったいでたちの槍魔栗三助が「その道30年(後に40年)のプロ」という設定で、女性レポーター(西村頼子)がインタビューする。アルバイト一筋30年の匠(求人に応募しても「経験ありすぎ」と断られる)や、「さっき食ったシーメの後のヒーコがテイサイのジーアでよぉ…」と何でも単語を逆さにして喋る匠(名前は「チャックマンジョーネ白井」)などが登場。
「フールブラザーズ」シリーズ
はりけーんばんび(兄役)とブロッコリ哲(弟役)の二人が、黒サングラス・黒スーツのブルース・ブラザーズのいでたちで、兄は口に煮干を咥え、弟は肩にキューピー人形を乗せていた。兄弟の名前はブルース・ブラザーズをもじった「フールブラザーズ」。例えば、パチンコ店で玉を借りた後パチンコを一切やらず、そのままカウンターで景品に交換して持ち帰るなど、文字通り「バカな兄弟」を演じる内容のコントであった。なお、このコントのみ白黒映像でBGMのみでセリフは無く、無声映画ばりに黒バックに字幕表示していた。ただ、最後の方ではあまりやらなかった。
「大河コント」シリーズ
夏休み特別企画として「た」行の5週連続で放送されたコントシリーズ。内容はブロッコリ哲が主役となり、様々な現象や災難に巻き込まれていく様が描写されたものであった。各回サブタイトルがつき「ホラーポルノ」編や「カルトムービー」編などがつけられていた。心理的な描写が強いため、難解なコント仕様となっていた。また、5週連続の大河コントのタイトルを送付すれば抽選でオリジナルテレホンカードが当たるプレゼント企画も催された。
Sumi of Jubako(重箱の隅)シリーズ
槍魔栗三助がロンドンタクシーから現れ、眼鏡と口ひげを生やした教授に扮し、自らの研究成果を発表するコント。内容はある映画やドラマの1シーンを取り上げて物理的におかしい場面を指摘し、難癖をつけ批判するすなわち、「重箱の隅」を突く様な内容となっている。例えばウルトラマンの1シーンではハヤタ隊員が川で足を掬われ、川下に流されているシーンに対して、小学生でも溺れそうもない浅瀬で転がりゆく隊員をみて「こんな浅瀬で何をゴロゴロ転がっているのでしょうか?間抜けです!!」と辛口コメントを寄せ、容赦なく批判した。また、映画の江戸川乱歩の黄金仮面の1シーンではビルの屋上から向いのビルにボーガンを放ちロープ伝いで逃げる黄金仮面。それをじっと見つめる刑事たちに「そんなことより、向うのビルに先回りすればいいのに…」と指摘し、結果、黄金仮面に逃げられ悔しがっている刑事たちに向って「バカ面です!!」と言い、その後、「見るにも無残な間抜けぶり…」と追い討ちを掛けたコメントであった。コーナーの終了として「私の研究はまだまだ終わりそうにありませんな…」と口ひげを触りながら語り、To Be Continuedという字幕で締められていた。批判する内容は論理的に誤っている点は1つもなく、ギャグと学術的要素との間でコントを楽しむ極めてシュールなものであった。映像面では実際、教授は声を出しておらず(はりけーんばんびが吹き替えを担当)、いわば吹き替えの状態にし、国外映画仕様のテイストが醸し出されていた。

その他シリーズ[編集]

薀蓄マン
頭には紅白扇子、全身は「タケちゃんマン」を意識した出で立ちの上海太郎扮する「薀蓄マン」が街角に繰り出し、通行人を捕まえ「読んでみなさい!」と難読漢字(主に四字熟語、落落磊磊など)を読ませる。「は」の週であれば「は」が最初に付く言葉。出で立ちから不審者として扱われることもしばしばで無視され、通り過ごされることもあった。
「る」の週は「流浪之民(るろうのたみ)」というタイトルで、いつもと違ってセリフを一言も発さず、ただ彷徨っているだけであった。
ナース井手の人生相談
視聴者からの悩みのお便りを基に進めるという設定だったが、「こんな書き方は駄目よ♪」などと難癖を付けてキチンと回答した例が無いという一種のシチュエーションコメディー。稀に肝心のお便りが無い週もあった。
ひさうちみちおのテレビコラム
薄暗い間接照明で、バックで水槽が映っていた中で氏が持論を展開するコーナー。猥談オチの時もしばしばあった。
清水ひとみのお色気コーナー
毎回ピンク色をした照明と紗がかかるスタジオの中で言葉にちなんだ説を紹介するもの。時にはソフトクリームをねぶったり、みたらし団子を卑猥にしゃぶったりと明らかに成人男性を意識した描写が行われていた。しかし、「の」でこのコーナーが終了し、オープニング等の改編に伴い、後に「○○行の女」に受け継がれてゆくことになる。
アイキャッチのお色気コーナー「行(ぎょう)の女」
深夜であり、視聴者は男であろうことを意識したコーナー。登場女優のPV風に作られていた。肌の露出はほとんど無く、着衣のエロティシズムを追求したコーナー。

主な出演者[編集]

スタッフ[編集]

グッズ[編集]

番組の最後に、毎週の視聴者プレゼントで「週間テレビ広辞苑」のロゴの入ったどんぶり鉢とステッカーがあった。

なぜ「どんぶり鉢」なのか?
想定していた視聴対象が男子大学生であったため、夜→夜食→ラーメン→どんぶりとなった模様。ステッカーはテレビやラジオを問わず、当時の深夜番組の視聴者プレゼントの王道的存在であった。読売テレビのイベントの折に大量配布したこともある。
どんぶり鉢プレゼント
どんぶり鉢は最終回「ん」の放送中に読売テレビ・春祭り内での広辞苑ブースでラーメンを2杯汁まで飲めばもらえるよ!という告知があり、当日会場には数千人の希望者が殺到し、赤と白の整理券まで配布されたが並んだ8割の人がこのどんぶり鉢を手にできなかった説がある。そのかわり、不思議な地球儀が描かれた番組特製ステッカーが配布された。この模様は関西ローカルで読売テレビ・春祭りと称した朝から夕方までの3部構成での各番組で会場内リポートの中で紹介され、その過熱ぶりと番組の人気の高さを証明する形となった。ラーメンは1杯500円だった。
日本テレビ視聴者へのプレゼント
前述のとおり、日本テレビでは半年遅れの放送だったため、同局視聴者へのプレゼントは行われていなかったが、8月[いつ?]のテレホンカードプレゼントは、関東では翌年2月[いつ?]の放送だったが特別に行われた。どんぶり鉢も後にプレゼントされるようになった。

DVD[編集]

本番組の内容を元にした新作がジェネオンエンタテインメントより、DVD『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 其の壱』『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 其の弐』、以上2枚に特典DVD1枚をセットした『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 DVD-BOX』として2008年4月23日に発売された。

特別番組[編集]

2008年3月8日・3月15日に読売テレビの『Y.A.P.P.Y.』枠で、上記DVD告知を兼ねた特別番組『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が放送された。後にサンテレビでも2011年5月1日・5月8日に放送。