進村武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

進村 武男(しんむら たけお、1943年 - )は、日本の工学者宇都宮大学第18代学長工学博士。研究分野は生産工学・精密加工・砥粒加工・磁気加工で、磁気研磨法の基礎と応用・強力磁気加工技術の研究開発・電気磁気複合精密加工法(ローレンツ力の利用,フレミングの左手の法則の利用)が研究テーマである。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1987年 第8次工作機械技術振興論文賞
  • 1990年 第11次工作機械技術振興論文賞
  • 1993年(社)日本機械学会生産加工・工作機械部門優秀講演論文賞 
  • 1997年(社)砥粒加工学会論文賞
  • 2002年(社)日本機械学会フェロー
  • 2006年 BEST PAPER AWARD,International Conference on Manufacturing Science and Engineering,ASME
  • 2006年 (社)日本機械学会生産加工・工作機械部門優秀講演論文賞

脚注[編集]

  1. ^ 私の勉学時代”. 関塾 タイムス. 2013年2月6日閲覧。