進藤清貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

進藤 清貴(しんどう きよたか、1952年3月27日 - )は、日本実業家王子ホールディングス代表取締役社長を経て、同社代表取締役会長。元日本製紙連合会会長。

人物・経歴[編集]

北海道苫小牧市出身[1]。1975年北海道大学工学部機械工学科卒業、王子製紙(現王子ホールディングス)入社。 2007年執行役員統括技術本部長環境部長王子エンジニアリング代表取締役社長。2009年取締役常務執行役員に昇格。2012年から代表取締役社長社長執行役員[2]を務め、需要縮小が進む中で全従業員の1割に当たる2000人の従業員を削減するなどのリストラ策を進めた[3]。2015年体調不良により退任となった篠田和久に代わり代表取締役会長に就任し、矢嶋進とともにループ共同最高経営責任者に就く異例のツートップ体制を敷いた[4][5]。この間、2014年から2016年まで日本製紙連合会会長[6]を務めたほか、日本ニュージーランド経済委員会委員長[7]等も歴任した。豪腕で自他ともに認める「よく怒る上司」とされる[8]

脚注[編集]

  1. ^ ふるさと談議に花咲かす 「東京とまこまい会」に186人苫小牧民報
  2. ^ 「社長人事および代表取締役の異動に関するお知らせ 」王子製紙
  3. ^ 「王子HD、国内で2000人削減 工場閉鎖も検討」日本経済新聞2012/11/22付
  4. ^ 「王子、異例のツートップ体制の狙い」東洋経済オンライン2014/12/19
  5. ^ 「王子HD、矢嶋副社長が社長に昇格 進藤社長は会長へ」日本経済新聞2014/12/16付
  6. ^ 製紙連会長に進藤・王子HD社長 駆け込み需要反動「想定内」産経biz2014.5.13 05:00
  7. ^ [1]
  8. ^ 【新トップ】王子製紙次期社長・進藤清貴氏 バイタリティーと豪腕で逆風に挑む産経biz2012.2.29 05:00
先代:
篠田和久
王子ホールディングス(旧・王子製紙)社長
2012年 - 2015年
次代:
矢嶋進
先代:
篠田和久
王子ホールディングス(旧・王子製紙)会長
2015年 - 2019年
次代:
矢嶋進
先代:
芳賀義雄
日本製紙連合会会長
2014年 - 2016年
次代:
馬城文雄