進藤貞和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

進藤 貞和(しんどう さだかず、1910年3月4日 - 2002年2月22日)は、日本実業家三菱電機社長を歴任。広島県呉市生まれ、長崎県高知県育ち。九州帝国大学工学部電気科卒。

経歴[編集]

父が海軍軍人だったため広島県呉市に生まれ、長崎県と高知県で育った。1934年三菱電機入社。技術部長、長崎製作所長など、発電機造船機械などを製作する利益頭の重電部門一筋に歩む。1964年取締役、1966年常務を経て1970年、副社長ののち同じ年、同社代表取締役社長に就任。当時三菱電機は松下電器など家電専業メーカーに押され「赤字の家電部門は撤退するのでは」という観測が業界にあったが、明けて1971年正月、「今後は家電を経営の柱にする」と宣言。全国3000の販売店を回り販売促進に努め、得意のカラオケで懇親を深めた。

歌好きが高じて1995年にはコロムビアからCDも出している。ダークダックスの熱心なファンでも知られ、後援会長等を務めるなどダークの音楽事業を大々的に支えていた。進藤社長在任10年の間にクリーンヒーターふとん乾燥機などのヒット商品を生み、赤字だった家電部門は黒字に転じた。またこの時代にエレクトロニクス産業が急成長。半導体、宇宙事業、通信事業などの基盤を確立した。1980年会長、1985年取締役名誉会長、1987年相談役、2000年特別顧問に退いた。またFM東京ホテルニューオータニ三菱総合研究所各取締役を務め、通商産業省産業構造審議会委員、日本電機工業会会長、日本電子機械工業会会長、電気倶楽部理事長などを歴任した。

1974年藍綬褒章、1977年経営者賞、1980年経済大賞、1985年勲二等旭日重光章。1987年勲一等瑞宝章、台湾一等経済奨章。2002年胆石手術後の肺炎併発のため死去。

参考文献[編集]

  • 『日本の実業家』(日外アソシエーツ)2003年