内奏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内奏(ないそう)は天皇に対して国務大臣などが国政の報告を行うことである。

概要[編集]

大日本帝国憲法下では、実態はともかく法文上は天皇が内閣総理大臣を含む国務大臣を任免し、行政権を含む統治権を総攬することとなっていたため、国務大臣ら輔弼者による天皇に対する国政事項の奏上は当然のこととされていた。

日本国憲法では、象徴天皇制のもと、天皇は「国政に関する権能を有しない」と規定され内閣は天皇に対しての責務を負っていないため、天皇の役割を国事行為のみに限定するべきとする立場からは内奏を行う必要性はないとする論が唱えられている。現実には、天皇は対外親善などの公的行為も担っており、この現状を是認する立場からは内奏の必要性も唱えられている。

芦田内閣時に内奏について内閣総理大臣によるもののみとし閣僚によるものを廃止したが、第2次吉田内閣で閣僚による内奏が復活し、現在においても首相をはじめとした閣僚による内奏は不定期ながら行われている。政府は内奏について「天皇の教養を高めるために閣僚が所管事項の説明を行う[1]」「国情を知っていただき、理解を深めていただくということのためにご参考までに申し上げる[2]」としている。また、内奏に近い国政報告として、高級官僚(各省の事務次官や局長)や学者による「進講」がある(進講とは、天皇や貴人の前で学問の講義をすること)。

宮内庁は、2013年10月25日に宮殿・鳳凰の間で行われた安倍晋三首相からの国政報告の画像を史上初めて公開した[3]

内奏・進講の内容[編集]

天皇の政治利用を避けるため、内奏や進講の内容については明かさないことが慣行となっており[4]、口外することは重大なタブーとされる。以下に主な事例を挙げる(肩書きはいずれも当時のもの)。

  • 1973年5月、増原惠吉防衛庁長官が防衛問題に関する内奏を漏らし、長官辞任に追い込まれた(増原内奏問題[5]
  • 2001年、田中眞紀子外務大臣が内奏を漏らしたことが一部メディアで取り上げられたものの、本人はこれを否定している[5]。週刊誌は「本当なら切腹もの」などと書きたてた[5]
  • 2009年12月27日、テレビ朝日サンデープロジェクト』に出演した亀井静香が、「先日、天皇陛下殿下にお会いしたとき、権力の象徴であった江戸城(現皇居)にお住まいになられるのではなくて、京都か、あるいは(亀井の地元の)広島とかに(お住まいになれば)と恐れ多くも申し上げた」と、天皇との会話内容を明らかにした[6]
  • 2010年11月25日には前原誠司外務大臣が民主党のグループの会合で最近天皇に進講したことを明かし、前原が「陛下は外交安保にかなり興味をもたれていた」と語ったことを出席者が明らかにした[4]。ただし、前原は進講の内容には言及しなかったという[7]

日本以外における類似の制度[編集]

イギリスには日本の内奏に相当するものとして「週次謁見(Weekly Audience)」と呼ばれる制度が存在する[8]。これは週一回程度、首相バッキンガム宮殿を訪れ、君主と一対一で会談し国政の報告を行うもので、通常は閣議の後に行われる。君主は首相と国政について議論し、質問を行う場合もある。なお、君主は助言や警告を行う権限を有するが、政治的に中立の立場であることが求められ、首相に命令することはできない。また、首相は王意を考慮するいかなる義務も有しないとされる[9]。通常は首相のみが行うが、国家予算の決定前には財務大臣も君主に謁見する。

スウェーデンでは憲法(統治法第5章第3条)により、君主は国政に関する情報を首相から受け取る権利を有するとされており、スウェーデン国王は「情報閣議(informationskonselj)」と呼ばれる会合で首相および閣僚らから国政の報告を受ける。情報閣議は年に3、4回程度行われ、形式的には君主が招集を行うものとされているが、実際には君主と首相が事前相談の上で日程が組まれる。[10][11]

出典[編集]

  1. ^ 1973年6月7日衆議院内閣委員会 内閣総理大臣答弁
  2. ^ 1988年5月26日参議院決算委員会 宮内庁次長答弁
  3. ^ 天皇陛下80歳:首相の国政報告「内奏」の写真初公開”. 毎日新聞 (2013年12月23日). 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月22日閲覧。
  4. ^ a b “外相、ご進講の内容明かす…口外しない慣行破る” (日本語). 読売新聞. (2010年11月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101126-OYT1T00114.htm 2010年12月7日閲覧。 
  5. ^ a b c “亀井氏が天皇陛下との会話漏らす 過去には辞任した閣僚も”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト): p. 2. (2009年12月28日). http://www.j-cast.com/2009/12/28057147.html?p=2 2010年11月29日閲覧。 
  6. ^ “亀井氏が天皇陛下との会話漏らす 過去には辞任した閣僚も”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト): p. 1. (2009年12月28日). http://www.j-cast.com/2009/12/28057147.html 2010年11月29日閲覧。 
  7. ^ “ファイル:前原外相「陛下は外交安保にお詳しかった」”. 毎日新聞. (2010年11月26日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101126ddm005010127000c.html 2010年11月28日閲覧。 
  8. ^ https://www.royal.uk/audiences
  9. ^ Leyland (2007) p. 74
  10. ^ https://www.riksdagen.se/sv/dokument-lagar/dokument/svensk-forfattningssamling/kungorelse-1974152-om-beslutad-ny-regeringsform_sfs-1974-152
  11. ^ https://www.kungahuset.se/kungafamiljen/aktuellahandelser/2012/aktuellt2012janmars/informationskonseljpakungligaslottet.5.70e7de59130bc8da54e800019783.html

関連書籍[編集]

関連項目[編集]