進開屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
進開屋
Sinkaiya1.JPG
進開屋の外観
(2015年11月24日撮影)
店舗概要
所在地 112-0011
東京都文京区千石
二丁目30番6号
座標 北緯35度43分30.91秒 東経139度44分29.43秒 / 北緯35.7252528度 東経139.7415083度 / 35.7252528; 139.7415083座標: 北緯35度43分30.91秒 東経139度44分29.43秒 / 北緯35.7252528度 東経139.7415083度 / 35.7252528; 139.7415083
開業日 土曜 - 木曜日
閉業日 金曜日
正式名称 新開屋
営業時間 午前11時 - 午後7時30分
最寄駅 都営三田線千石駅
東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅、新大塚駅
最寄IC 首都高速新板橋出口
テンプレートを表示

新開屋(しんかいや)は、東京都文京区千石にある昭和初期に建てられた木造の2階建ての飲食店舗。

概要[編集]

1914年(大正3年)、現在地に蕎麦屋・進開屋を建築したが、1923年(大正12年)に起きた関東大震災により焼失、その後の、1926年頃(昭和初期)に現在の木造2階建の店舗を建設した。第二次世界大戦東京大空襲においても被害を受けなかった。

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年) - 進開屋として現在地に蕎麦屋を構える。
  • 1926年頃(昭和初期) - 関東大震災後、現在の建物が建てられた。
  • 1939年(昭和14年)-1945年(昭和20年) - 第二次世界大戦において戦災を免れる。
  • 1944年(昭和19年)-1945年(昭和20年) - 東京大空襲において戦災を免れる[1][2]

営業情報[編集]

  • 休日 - 金曜日
  • 業時間 - 午前11時 - 午後7時30分
  • 車場 - 無し

文化財[編集]

登録有形文化財(建造物)[編集]

開屋
926年頃(昭和初期)建築:木造2階建、瓦葺、建築面積:522[1]
録年月日:2003年(平成15年)3月18日、種別:産業3次、登録基準:国土の歴史的景観に寄与しているもの。

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新開屋 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 南勉著『建築史 今に活きる古い建物(3)昭和初期の風情』 - 国立国会図書館デジタルコレクション、P32-34、2006年(平成18年)3月

関連項目[編集]