逸見繁経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
逸見繁経
時代 室町時代後期
生誕 不明
死没 文明2年7月19日1470年8月15日
別名 弾正忠
主君 武田信賢
氏族 逸見氏
父母 父:逸見真正?

逸見 繁経(へんみ しげつね)は、室町時代後期の武将若狭国守護若狭武田氏の家臣。若狭武田氏被官である逸見氏の一族。逸見真正の子とも弟ともいわれる。弾正忠と称す。

略歴[編集]

武田信賢に仕える。信賢の奉行人として、安芸国・若狭両国において活躍した。

応仁の乱が起こると、京都における武田軍の大将として奮戦するが、文明2年(1470年)7月19日の勧修寺(山科)の合戦で戦死した。『大乗院旧記』に「去十九日於山階逸見弟打死云々」とあるため、従来は逸見真正の弟と考えられてきたが、最近では逸見氏嫡流は、初め弾正忠、後に駿河守を称したことがわかってきており、駿河守を称した真正の子であるという説も有力となっている。