遅れネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

遅れネット(おくれネット)とは、放送ネット番組を、ローカル局側が、キー局と同日・同時刻に(同時ネット)でなく、遅れて放送すること。

ディレイ放送(時差放送、遅延放送)の一種。キー局の放送から数十分から数日、場合によっては数週間から数年の遅延を経ることがある。

概要[編集]

ローカル局における遅れネットは、キー局がある番組を放送する時間帯に、

などにとられる方法で、裏送りのものを自社収録する(裏撮り)か、番組素材を収録した媒体として受けとって(テープネット)、後日放送する。

関連する方式[編集]

キー局と同日・同時刻に、ローカル局が同じタイトルの番組を放送しているが、内容が1週遅れであるなど、違っている場合は、同時ネットではなく遅れネットである。

ローカル局がキー局より早く放送する場合は先行ネットと呼ぶ。遅れネットと先行ネットを合わせて時差ネット(じさネット)と呼ぶ。

遅れネットに類するディレイ放送の種類として、生放送風の収録放送である撮って出し、生放送の際にトラブルを防ぐため遅延送出システムを用いて数秒から数分遅らせて放送するニアライブがある。

複数のタイムゾーンにまたがる国で、全国同じタイミングで番組を放送するためには、タイムゾーンごとに1時間ずつ放送時刻を遅らせることになる。結果として各地域で異なった地方時に番組が編成されるので、番組表上では遅れネットとなる。

目的[編集]

独自の編成[編集]

普段ネットワークを通じて放送番組を受ける側(地方局など)が、独自の番組編成を行いたい場合に遅れネットが選択される。

放送事業者同士の契約(ネットワーク基本協定)の観点から見た場合、各放送局はネットワーク間の勾配に関わらず互いに対等であり、かつ各局の自主編成権が尊重されることが大前提であるほか、各地域の需要に応える「地域放送」の必要から、ネット番組を同時刻に放送するか・しないのかは自由に委ねられる[1]

他言語放送のための対応[編集]

報道番組など本来なら同時ネットしたい生放送番組を他言語で放送する場合、翻訳や権利上の都合で放送できない映像を編集するために1時間程度遅らせることがある。

日本では日本放送協会(NHK)がBS1の海外ニュース番組で行っている。また、同局の日本語国際放送であるNHKワールド・プレミアムでも、オリンピック期間中はほとんどのニュース番組で、FIFAワールドカップ期間中は一部のニュース番組で、権利上の都合で放送できない部分が多い映像を編集(部分削除)するために1時間程度配信を遅らせる措置がとられる(ただし、災害・地震・その他重大なニュースなどがあった場合は期間中であっても国内同時放送に変更される場合がある)。

事例[編集]

放送形式の変更[編集]

  • 遅れネットの場合、全国的にはすでに放送されたという旨の断りを示す字幕スーパーを表示することがある。「この番組は○月○日に(制作局の放送局名又は制作局の所在する地域名)で放送されたものです」「○月○日に(制作局の放送局名又は制作局の所在する地域名)で放送されました」など。
  • 遅れネットの場合は、同時ネット局とは放送時間帯が異なる[2]場合もある。そのため、番組によっては遅れネット局では放送時間帯を反映させ、あらかじめ差し替えたアナウンスや映像を準備している例がある。

系列の変更[編集]

  • 発局とは異なる系列のネット局で遅れネットが実施される場合が多く見られる。当該地域に系列局が存在しない場合だけでなく、当該地域に系列局が存在するにも関わらず別系列の局で実施される場合もある。発局でローカル枠に当たる時間帯で放送されている場合や、発局の系列局が少ない(特にTXNネットワーク)などの理由から、同時ネット局よりも遅れネット局のほうが多い例もある。

同一事業者の別チャンネル[編集]

同一放送事業者が同じ放送区域の複数チャンネルで同じ番組を放送する場合でも、各チャンネルの編成の独自性が強いと、時差放送となる。再放送(狭義には同一チャンネル内)の一種ともいえる。かつてNHKの総合教育の間で見られたが、多チャンネル化により、衛星波地上波の間などで増えてきた。

キー局におけるマルチ編成のサブ側の内容を遅れネットにしている事例がある(マルチチャンネル#主な事例参考)。

NHKの地方局[編集]

  • チコちゃんに叱られる!』 - 本来の放送時間である金曜日の20時 - 20時45分の枠が地域情報番組の定期放送枠だった名残で、地域情報番組に差し替えられることが珍しくないため、翌土曜日の8時15分 - 9時までの枠にあらかじめ全国同時放送の再放送が用意されている。
    • 実際、本来の時間に地域情報番組を編成した地方および放送局は、再放送の時間が本放送および遅れネットとして扱われており、番組終了間際の次回の放送時間帯告知テロップは、再放送の時間のみを表記したものに差し替えられていることが大半である。原則不定期特番だが、唯一の定期番組差し替えとして、近畿地方では開始当初から2019年9月まで本来の時間に『えぇトコ』を本放送していた。
  • 月曜0時深夜アニメ枠 - 近畿地方ではこの時間に『まちけん参上!』を放送していたため、2020年3月まで0時45分 - 1時10分に遅れネットだった。

タイムシフトチャンネル[編集]

複数のチャンネルで同一内容(個々の番組ではなく編成全体)を時間差で放送することがある。多チャンネル化の進んだ国でよく行われている。

本放送を見られない視聴者を想定しているが、家庭用録画機器や見逃し動画配信の普及により、かつてより必要性は減っている。

日本では、地上デジタル音声放送実用化試験放送のDRP大阪が4チャンネルを使って、在阪ラジオ各局の内容を2010年6月まで放送していた。

遅れネットの問題[編集]

  • フィクション作品の場合、劇中で特定の季節行事を扱ったシナリオを遅れネットした場合、放送時の季節と劇中の季節がずれる場合がある[3]
  • ローカル局の独自編成による遅れネット番組の放送期間中に番組改編期を迎え、その放送時刻がネット番組の放送枠と重複する場合、ネット番組の同時ネットが優先されて、もとの番組が打ち切りになる例がある
  • キー局での放送終了から、ローカル局での遅れネット放送予定までの間に不測の事態(出演者の死亡、番組に関わる不祥事、ロケ先の災害など番組が扱った題材に関わるデリケートな事態)が起き、ローカル側で番組が未放送となることがある(上述のとおり、事情を記した字幕スーパーを付加した上で予定通り放送される例もある)。
  • インターネットサイマル配信とのズレ。
    • キー局での放送日時を基準にインターネット見逃し配信を行なっている番組の場合、同時ネットでない放送地域では事実上の「先行配信」となる。遅れネットによって番組の存在を知った場合、遅れの期間が長期であれば過去分の配信を見ることができない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p248-251。ISBN 4-492-76085-7。
  2. ^ 例えば同時ネット局Aでは毎週土曜日18:00 - 19:00に放送しているが、遅れネット局Bでは毎週日曜日10:00 - 11:00に放送しているなど。
  3. ^ 再放送でも起こりうる問題である。また同時ネットの本放送でも、報道特別番組等にともない放送を順延して季節がずれる場合がある。

関連項目[編集]