遊佐安一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

遊佐 安一郎(ゆさ やすいちろう、1947年 - )は日本の臨床心理学者。教育学博士。長谷川メンタルヘルス研究所所長。

福島県生まれ。専門は臨床心理学、家族療法認知行動療法弁証法的行動療法境界性パーソナリティ障害、スキーマ療法、感情調節困難、そしてヘルピングスキルなどを活用した臨床心理士やカウンセラー、看護師などの教育訓練。

境界性パーソナリティ障害に対する心理療法の権威であり、家族療法認知療法弁証法的行動療法 の日本における第一人者である。 現在は長谷川メンタルヘルス研究所にて、個人カウンセリング、弁証法的行動療法に基づく感情調節訓練グループ、家族支援などに取り組んでいる。

経歴[編集]

  • 1970年 上智大学英語学科卒業。
  • 国際基督教大学大学院教育心理学科に一時在籍後、ニューヨーク州立大学オールバニ校留学。
  • 1972年 修士課程修了。
  • 1977年 教育学博士号取得。
  • Syracuse Developmental Center, Pilgrim Psychiatric Center, Kings Park Psychiatric Center等でPsychologistとして勤務。
  • 1990年-1996年 South Beach Psychiatric CenterでChief of Service として精神科病院での臨床管理に従事。
  • 1996年-2009年 長谷川病院クリニカル・コーディネーター兼リハビリテーション部長。
  • 2003年より国際基督教大学臨床心理学非常勤講師。
  • 2005年より高知県立大学看護学部非常勤講師。
  • 2005年-2007年 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース客員教授。
  • 2008年より聖路加看護大学非常勤講師。
  • 2009年より北海道医療大学臨床心理学客員教授。
  • 2009年より長谷川メンタルヘルス研究所所長。
  • 2012年より東海大学看護学部非常勤講師。

所属学会[編集]

  • 日本認知療法学会幹事
  • 日本家族研究・家族療法学会評議員
  • 心理教育・家族教室ネットワーク運営委員
  • 日本家族カウンセリング協会顧問
  • 日本精神神経学会
  • 日本精神障害者リハビリテーション学会
  • American Psychological Association会員

著書[編集]

  • 家族療法入門―システムズ・アプローチの理論と実際 星和書店 1984

編著[編集]

  • こころのりんしょうa・la・carte 第26巻4号〈特集〉DBT=弁証法的行動療法を学ぶ 星和書店 2007

翻訳[編集]

  • Arthur Freeman『認知療法入門』 星和書店 1989
  • (束原 美和子, 野村 祐子, 黒澤 麻美共訳) Randi Kreger, James Paul Shirley 『境界性人格障害=BPD 実践ワークブック―はれもの にさわるような毎日をすごしている方々のための具体的対処法』星和書店 2006
  • (監修, 佐藤 美奈子, 遊佐 未弥訳) Rachel Reiland『ここは私の居場所じゃない―境界性人格障害からの回復星和書店』 2007
  • (荒井まゆみ共訳) Matthew McKay他 『弁証法的行動療法 実践トレーニングブック―自分の感情とよりうまくつきあってゆくために』星和書店 2011
  • (監修, 荒井まゆみ, 岩渕デボラ, 佐藤美奈子訳) 境界性パーソナリティ障害ファミリーガイド Randi Kreger (監修) 星和書店 2011