運動器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

運動器(うんどうき、: bone and joint)とは、動物器官の分類の一つで、身体を構成し、支え、身体運動を可能にする器官である。ヒトを含む脊椎動物では身体の支柱である全身の骨格関節骨格系)と、それらに結合する骨格筋および靭帯が運動器に所属する。これらをまとめて運動器系(うんどうきけい)として扱う。

所属[編集]

機能[編集]

骨格

  • 身体の保持
  • 外力からの保護
  • 血球の産生
  • 鉱質の貯蔵

骨格筋

運動器検診[編集]

2014年(平成26年)4月30日に文部科学省から「学校保健安全法の一部改正」により「運動器等に関する検査を必須項目に追加」され、2016年(平成28年)4月1日より実施。従前の脊椎側彎症胸郭の検診項目に、新たに上肢・下肢などの四肢や骨・関節の運動器障害についての検診項目が加わった[1]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 学校での運動器検診 運動器の健康・日本協会

関連項目[編集]