運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した
And the Band Played On
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 アーノルド・シュルマン
原作 ランディー・シルツ
製作 ミッジ・サンフォード
サラ・ピルスバリー
製作総指揮 アーロン・スペリング
E・デューク・ヴィンセント
出演者 マシュー・モディーン
リチャード・ギア
スティーヴ・マーティン
アンジェリカ・ヒューストン
リリー・トムリン
アラン・アルダ
イアン・マッケラン
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ポール・エリオット
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年9月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した』(And the Band Played On)は、1993年に製作されたテレビ映画ロジャー・スポティスウッド監督作品。

原作は、ピューリッツァー賞を受賞したランディー・シルツの『And the Band Played On: Politics, People, and the AIDS Epidemic』。マシュー・モディーン主演。日本では劇場未公開。

ストーリー[編集]

AIDSの流行初期、未知の感染症に挑む科学者たちの奮闘を描く。

1976年、ザイール。エボラ川近くの村に到着したアメリカの疫学者ドン・フランシスは、未知の感染症(後にエボラ出血熱と判明)の流行に直面する。

1981年、アメリカ。フランシスはロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコのゲイ男性の間で原因不明の病気による死者が増えていることに気づき、調査を始める。

資金も設備もない中、フランシスは政治家、医学者、ゲイの活動家らと接触する。フランシスはゲイたちの集まる浴場を閉鎖しようとして大きな抵抗を受けるが、ゲイであるクラウスはフランシスを支持する。やがてクラウスも感染し、足に肉腫ができる。

フランシスはこの病気がウイルスによる性感染症で血液を介して伝染することを突き止めるが、製薬会社の思惑などもあって受け入れられない。一方、死者は急速に増加していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ imdb2011年9月7日

関連項目[編集]