スナーク狩り (宮部みゆき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スナーク狩り
著者 宮部みゆき
発行日 1992年6月
発行元 光文社
ジャンル サスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 287
公式サイト www.kobunsha.com
コード ISBN 978-4334029845
ISBN 978-4334724092(文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

スナーク狩り』(スナークがり)は、宮部みゆきサスペンス小説である。タイトルはルイス・キャロル散文詩スナーク狩り』からの引用である[1]

1992年朝日放送制作・テレビ朝日系で、2012年TBS系でテレビドラマ化された。

また、オオイシヒロト作画で漫画化されている。

あらすじ[編集]

元恋人から結婚式の招待状を受け取った慶子は、屈辱に怒りを覚える。復讐のためにある準備を整えて結婚式に向かう慶子。一方、釣具店勤務の織口は慶子が趣味で銃を持っていることを知り、ある計画を実行に移す決断をする。完全な計画のはずが思いがけない出来事で思いがけない事態に。修治は、復讐を止めるために慶子を追いかける。

書誌情報[編集]

  • 単行本
  • 文庫本
    • 1997年6月、光文社文庫、ISBN 978-4334724092
    • 2011年7月12日、光文社文庫、ISBN 978-4334749705(光文社文庫プレミアム)
  • 漫画(BUNCH COMICS
    • スナーク狩り1、新潮社、2008年8月、ISBN 9784107714121
    • スナーク狩り2、新潮社、2008年11月、ISBN 9784107714305
    • スナーク狩り3、新潮社、2009年2月、ISBN 9784107714565

テレビドラマ[編集]

1992年[編集]

『運命の銃口 東京〜金沢500キロ・愛と憎しみの旅路』のタイトルで、朝日放送の制作により、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」にて1992年11月21日に放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 降旗康男
  • 脚本 - 鴨井達比古
  • 音楽 - 岩間南平
  • 撮影 - 林淳一郎
  • 照明 - 前原信雄
  • 美術 - 澤田清隆
  • 録音 - 今井善孝
  • 編集 - 飯塚勝
  • 助監督 - 野崎邦夫
  • ガンエフェクト - ブロンコ
  • カースタント - TA・KA
  • ポスプロ - 映広
  • 現像・テレシネ - 東京現像所
  • プロデューサー - 佐久間博(松竹芸能)、木村正人(松竹芸能)、杉本宏(朝日放送)、辰野悦央(朝日放送)、依田正和(朝日放送)
  • 制作 - 松竹芸能朝日放送

2012年[編集]

2012年5月14日TBS系の『月曜ゴールデン』枠でTBSスペシャルドラマ企画 『宮部みゆき 4週連続“極上”ミステリー』第2夜として放送される。主演は伊藤淳史[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ みどころ”. スナーク狩り. TBS. 2017年3月11日閲覧。
  2. ^ 「月曜ゴールデン」枠で4週にわたり、宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!”. 宮部みゆき・4週連続 “極上”ミステリー 企画意図. TBS. 2017年3月11日閲覧。
  3. ^ 宮部みゆき4週連続極上ミステリー「スナーク狩り」”. ドラマ. ドリマックス・テレビジョン. 2017年3月12日閲覧。