運行系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

運行系統(うんこうけいとう)とは、列車バスなどの交通機関における体系化された具体的な運行経路。別名運転系統

系統と路線[編集]

「系統」と「路線」は区別せず用いられることも多いが同義語ではない[1]。「系統」とは路線上における具体的な運行ルートを指す[1]。一つの路線上にA、B、C、D、Eという停留所が存在する場合でも、運転系統にはA~B~C~D~E、B~D、A~B~Cなど異なるパターンが考えられる[1]

鉄道においても正式な(規定上の)「路線」に対してつねに運行系統が一致する訳ではなく、複数の路線をまたがる運行系統や、一つの路線が複数の運行系統に分割されている場合もある。鉄道路線の名称#路線の系統名称・愛称も参照されたい。

運行系統の表示[編集]

運転系統は車両や停留所に表示されていることが多い。路線バス路面電車トロリーバスなどについては系統を番号で示す場合が多い。系統番号を参照。

日本では、路線バス[2]は、道路運送法(昭和26年法律第183号)により、「路線」を定めて定期に運行するものであるが、「運行系統」をあらかじめ計画して見やすく掲示するよう定められている。路面電車など軌道法による軌道で車両を運転するときには外側に「運転系統又は行先」を明示するよう定められている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山崎 治「乗合バス路線維持のための方策」 国立国会図書館、2018年8月18日閲覧。
  2. ^ 道路交通法第20条の2。
  3. ^ 軌道運転規則64条。

関連項目[編集]