運賃・保険料込み条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

運賃・保険料込み条件(うんちん・ほけんりょうこみじょうけん、CIF; Cost, Insurance and Freight)とは、貿易における取引条件のひとつ。シフと読む場合もある。

CIFによる契約では、売主(輸出者)は、貨物を荷揚げ地の港で荷揚げするまでの費用(運賃、海上保険料等)を負担し、荷揚げ以降の費用(輸入関税、通関手数料を含む)は買主(輸入者)の負担となる。危険負担(リスク)は貨物が積み地の港で本船に積み込まれた時点で移転する。(海上保険は売主(輸出者)が手配しているが、運送中に事故が起きて貨物が損壊した場合、買主(輸入者)の代金支払い義務は依然としてあることに注意が必要)。

日本の貿易統計では、輸出はFOB(本船渡し)価格、輸入はCIF価格で計上されている。一方、国際収支統計では、輸出も輸入もFOB価格で計上するため、国際収支統計を作成する際には、貿易統計の輸入額から運賃、保険料などを控除する。

関連項目

今日は何の日(2月22日

もっと見る

「運賃・保険料込み条件」のQ&A