過塩素酸バリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
過塩素酸バリウム
barium perchlorate
識別情報
CAS登録番号 13465-95-7 チェック
特性
化学式 Ba(ClO4)2
モル質量 336.23 g/mol[1]
外観 白色の結晶または結晶性粉末[1]
密度 2,74 g/cm3[2]
融点

505 °C, 778 K, 941 °F (分解[1])

への溶解度 易溶(205.8g/100g)[1]
その他の溶媒への溶解度 エタノールに可溶、エーテルに不溶[1]
関連する物質
その他の陽イオン 過塩素酸カルシウム
過塩素酸マグネシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過塩素酸バリウム(かえんそさんバリウム、: barium perchlorate)はバリウム過塩素酸塩で、化学式Ba(ClO4)2で表される無機化合物

性質[編集]

酸化性があるため、支燃性を示す。可燃物金属粉と混合すると、衝撃または熱により爆発することがある[1]

用途[編集]

過塩素酸バリウム沈殿滴定法による、気体中の硫黄分の分析に使われる[3]

規制[編集]

GHSにおける酸化性固体(区分2)に該当し、各国で貯蔵や運搬に規制がある(国連番号1447)。日本では船舶安全法航空法によってGHSに基づく規制があるうえ、消防法に基づく危険物第1類に指定されている。バリウムの水溶性化合物であることから毒性が想定され、日本の毒物および劇物取締法では劇物に分類される。

脚注[編集]