過塩素酸マグネシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
過塩素酸マグネシウム
識別情報
CAS登録番号 10034-81-8 チェック
PubChem 24840
RTECS番号 SC8925000
特性
化学式 Mg(ClO4)2
モル質量 223.206 g/mol
外観 吸湿性のある白色粉末
密度 2.21 g/cm3
融点

251 °C, 524 K, 484 °F

沸点

(分解)

への溶解度 99.3 g/100 mL
エタノールへの溶解度 24 g/100 mL
危険性
安全データシート(外部リンク) External MSDS
EU Index 未分類
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
OX
関連する物質
その他の陽イオン 過塩素酸カルシウム
過塩素酸バリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過塩素酸マグネシウム(かえんそさんマグネシウム、: Magnesium perchlorate)は化学式Mg(ClO4)2で表される無機化合物で、強力な酸化剤としての性質を持つ。

性質[編集]

250℃で分解し[1]、-568.90 kJ mol-1の熱量を形成する[2]潮解性があり、加水により発熱する。乾燥剤としても使用されたが[3][4]過塩素酸塩としての危険性から使用は推奨されない[5]。吸湿した過塩素酸マグネシウムは、真空下で250℃まで加熱することにより、再び乾燥する。

危険性[編集]

可燃物や金属の粉末との混合により、爆発性混合物となることがある。加熱により分解し、塩素などの有害な分解生成物を生じる[6]

規制[編集]

GHSにおける酸化性固体(区分2)に該当し、各国で貯蔵や運搬に規制がある(国連番号1475)。日本では船舶安全法航空法によってGHSに基づく規制があり、また消防法に基づく危険物第1類に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ CRC Handbook
  2. ^ Lange's
  3. ^ H. H. Willard, G. F. Smith (1922). “The Preparation and Properies of Magnesium Perchlorate and its Use as a Drying Agent”. Journal of the American Chemical Society 44 (10): 2255–2259. doi:10.1021/ja01431a022. 
  4. ^ L. Wu, H. He (1994). “Preparation of perlite-based magnesium perchlorate desiccant with colour indicator”. The Chemical Educator 41 (5): 633–637. doi:10.1016/0039-9140(94)80041-3. 
  5. ^ W. L. F. Armarego and C. Chai (2003). Purification of laboratory chemicals. Butterworth-Heinemann. ISBN 0750675713. 
  6. ^ 製品安全データシート(LECOジャパン株式会社) (PDF)