過給圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

過給圧(かきゅうあつ)とは、過給機により内燃機関へ強制的に送り込まれる圧縮された空気(過給)の圧力のこと。ブースト圧 (英:boost pressure) とも言われ、自動車分野においては単にブーストと称されることもある。過給圧が高くなり過ぎると、ノッキングが発生し、ガソリンエンジンを損傷することもあるうる。ディーゼルエンジンではノッキングが発生しづらいため、ターボチャージャーとは一般的に相性が良いとされている。

単位[編集]

過給圧は、主に重量キログラム平方センチメートル (kgf/cm²) や水銀柱ミリメートル (mmHg) 、キロパスカル (kPa) 、重量ポンド毎平方インチ (psi) で示される。

自動車用過給エンジンと過給圧[編集]

レシプロエンジンにおいて、ターボチャージャースーパーチャージャーといった過給機によりかかる過給圧は、高まれば高まるほど出力が向上するのが一般的である。しかし、エンジンや過給機が耐えられる過給圧には限界があり、その限界を超えた過給圧を掛け続けるとブローを引き起こす。

関連項目[編集]