道の駅すさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
道の駅すさみ
道の駅すさみ
所在地 649-3142
和歌山県西牟婁郡すさみ町
江住808番地-1
座標
登録路線 国道42号
登録回 第43回 (30029)
登録日 2015年4月15日
開駅日 2015年9月5日
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅すさみ(みちのえき すさみ)は、和歌山県西牟婁郡すさみ町江住にある国道42号道の駅である。

概要[編集]

旧江住中学校の跡地に建設された[1]。敷地面積は8860平方メートルで、駐車台数は大型車9台、普通車55台、身体障害者用5台あり、国土交通省によって広域防災拠点としての機能を備えた重点道の駅に指定されている。食事処や物産店が入っている地域振興交流施設(鉄骨平屋、延床面積1181平方メートル)や旧中学校の体育館を利用したすさみ町立エビとカニの水族館も併設している[2][3]

なお、道の駅に登録する前の2015年1月30日に「南海トラフ巨大地震等の広域防災拠点、南紀熊野ジオパーク等の資源と連携しゲートウェイ機能」を理由として、すでに重点「道の駅」に選定されていた[4]

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:55台
    • 大型車:9台
    • 身障者用駐車場:5台
  • トイレ
    • 男女
    • 多機能トイレ:1
    • 休憩コーナー

管理団体[編集]

  • 株式会社信濃路

休館日[編集]

  • 年中無休

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「エビとカニの水族館」を旧江住中体育館に誘致
  2. ^ 道の駅すさみに交流施設オープン
  3. ^ 江住中学校は江住小学校に併設となった。
  4. ^ 地域活性化の拠点を形成する重点「道の駅」を選定しました”. 国土交通省 (2015年1月30日). 2015年12月21日閲覧。

関連項目[編集]