道の駅のつはる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
のつはる
Michi no eki notsuharu.jpg
所在地 870-1213
大分県大分市
大字下原1717-1
座標
登録路線 国道442号
登録回 第50回
登録日 2019年3月19日
開駅日 2019年11月30日
営業時間 9:00-18:00(3-11月)
9:00-17:00(12-2月)[1]
外部リンク

全国道の駅連絡会ページ
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅のつはる(みちのえき のつはる)は、大分県大分市大字下原にある国道442号道の駅である。

概要[編集]

大分川ダム(2020年度(令和2年度)供用開始予定)に面した国道442号沿いに位置する。大分市が大分県と共同で整備した[2]

敷地面積5,942m2。建物は木造(一部鉄筋コンクリート構造)平屋建てで480m2。外観は、野津原地区内にある国指定重要文化財の後藤家住宅をイメージしている[2][3][4]。また、大分川ダムのダム湖であるのつはる湖側の壁面は全面ガラス張りとされており、ダム湖を眺望できる[2]

施設[編集]

道の駅のつはるに隣接した「のつはる湖」

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]